岐阜基地航空祭の日程プログラム




「岐阜基地航空祭に遊びに行きたい!穴場な撮影ポイントも教えて欲しい!」

岐阜基地で開催される航空自衛隊主催の「岐阜基地航空祭」
県外からも多くの観光客が訪れ航空自衛隊のイベントやプログラムを楽しみます。

参加予定の方の気になる情報が、プログラムはもちろん、
ブルーインパルスなどきれいに撮るための撮影ポイントではないでしょうか。

このブログでは、岐阜基地航空祭へ参加してみたい方に、
岐阜基地航空祭の日程プログラム、来場者数や穴場な撮影ポイントについてご紹介していきます!

岐阜基地航空祭へ参加してみたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



岐阜基地航空祭 開催日程、プログラム

まず初めに岐阜基地航空祭の開催日程、プログラムについてご紹介していきます。

岐阜基地航空祭の開催日程は、2018年11月18日(日)8:30~15:00の予定です。
1日限りのお祭り、イベントですのでプログラムの内容も見応えありの企画が目白押し!

開催場所は、岐阜基地内が会場となっています。

【場所】〒504-8701 岐阜県各務原市那加官有地無番地

岐阜基地までのアクセス方法は記事後半でご紹介していきますので、
岐阜基地航空祭のプログラムを先にご紹介していきます!

岐阜基地航空祭には大きく分けて、「飛行展示」と「イベント」の2種類があります。



飛行展示プログラム

飛行展示プログラムの内容です。

オープニング 8:30~9:00
機動飛行 10:00~10:30
航過飛行 10:20~10:45
編隊飛行 13:45~14:25
ブルーインパルスアクロバット飛行 10:55~12:00

飛行展示プログラムでの見所は、航空祭最大の目玉「ブルーインパルス」
ブルーインパルスのアクロバット飛行は一見の価値あり!

ぜひ一度見ておきたい内容の1つです。
注意したいのが、岐阜基地航空祭のブルーインパルスアクロバット飛行が

午前中に行われること。他航空祭では午後からの開催がほとんどですが、
岐阜基地航空祭では午前中に行われるため、時間をお間違えないように!



イベントプログラム

イベントプログラムの内容です。

オープニングセレモニー 8:10~8:30
ブルーインパルスサイン会  ~9:10
ペトリオット訓練展示 10:00~15:00
警備犬訓練展示 9:30~10:00
「ひそねとまそたん」トークライブ 12:40~13:10

ブルーインパルスサイン会は足を運びたいおすすめイベントです。
そして、気になるのが「ひそねとまそたん」トークライブ!

これは何なのでしょうか。記事の見所でご紹介したいと思います!
気になる方はぜひチェックしてみてください。

岐阜基地航空祭 来場者数

次に岐阜基地航空祭の来場者数を調べてみたいと思います。

大人気の航空祭では来場者数はどれくらい発生するのか。
日本の航空祭の中で、最も混雑するともいわれる「入間航空祭」。

この入間航空祭では、1日で約30万人もの人出が発生した記録があります。
詳しくはこちらの記事を見ていただけたらと思います。

入間基地航空祭2018の混雑や渋滞、交通規制と駐車場の場所、無料臨時バス情報

それでは、岐阜基地航空祭ではどれくらいの来場者数が訪れるのか。
入場者数を調べてみると、

2016年は6万人、2017年は13万人近くの方が入場しているようです。
倍になってますね。岐阜基地航空祭の認知度、イベント内容に魅力を感じたのでしょう。

そして気になる2018年の来場者数ですが、情報によれば、
前年並みもしくは上回る来場者数とも言われています。

しかし、開催日当日の天気によって、来場者数も影響を受けます。

岐阜基地航空祭開催日の天気予報や中止の有無について、
気になる方は、下記記事でもまとめてますので、参考にしてみてください。

岐阜基地航空祭は雨でも開催?雨天中止?開催場所の岐阜県各務原市の天気予報

岐阜基地航空祭 見所

岐阜基地航空祭の日程、スケジュールも分かったところで、
岐阜基地航空祭の見所をご紹介していきたいと思います!

航空祭の最大の見所は「ブルーインパルス」の飛行展示、
岐阜基地航空祭でも開催されることが決まっていますが、

それ以外にも見所のイベントや展示がたくさんありますので、
行かれる前の事前情報としてぜひ参考にしてみてください!



見所1 ブルーインパルス(飛行展示)

航空祭の大本命イベント「ブルーインパルス」
昨年に引き続き、今年も開催が決定したアクロバットチームによるブルーインパルス飛行。

今年はどのような空の演舞、飛行を見せてくれるのか。
去年は天気に恵まれず曇りのようでしたので、晴れないままのフライトでしたが、

今年の天気はどうなるか、天気予報も気になるところですが、
ブルーインパルスの飛行開始時間も十分ご注意ください。

開催時間は、10:55~12:00。午前中に開催されますので、
くれぐれも遅れないように余裕をもって出られることをおすすめします!

見所2 「ひそねとまそたん」トークイベント(イベント)

2018年4月から放送開始したアニメ「ひそねとまそたん」に出演した、
声優久野美咲さんと監督の樋口真嗣監督とのトークイベント。

樋口真嗣監督は過去に「シン・ゴジラ」や「進撃の巨人」の監督も務め、
知る人ぞ知る名監督になります!

ネット上でも樋口真嗣監督がトークイベントに参加するとなって話題になっています。

どのようなトークイベントになるのか、楽しみでなりません。
「ひそねとまそたん」のアニメが好きな方、樋口監督のファンの方はぜひ見ていただきたいイベントです。

開催時間は、12:40~13:10。
ブルーインパルス飛行の後ですので、連続して見所を抑えることができます!

見所3 ペトリオット訓練展示(イベント)

ペトリオットとは、地上から航空機を撃墜するミサイルのことで
現存する地対空誘導弾のなかでは最も優れたシステムといわれています。

非常に迫力ある光景に息をのみます。
間近で見るとその大きさや重厚感、神々しさが伝わります。

イベントにて展示されていますので、
10:00~15:00の間であればいつでも見ることができます。

ブルーインパルスやトークイベントが終了した後に見てみたらいかがでしょうか。

岐阜基地航空祭 穴場な撮影ポイント

岐阜基地航空祭の見所をご紹介したところで、
早速岐阜基地航空祭の穴場な撮影ポイントをご紹介していきます!

ブルーインパルスをカメラに収めたい!できればきれいなアングルで!
航空祭へ参加される方のほとんどが考える願いです。

この願いを叶えるために、穴場な撮影ポイントをいつかご紹介したいと思います!
絶好のアングルから撮りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。



撮影ポイント1 事前飛行訓練時

「事前飛行訓練」とは、航空祭の本番に向けて飛行訓練を行うこと。
主催する航空祭ごとに訓練期間は異なりますが、岐阜基地航空祭では本番の3週間ほど前から行われます。

本番さながらの訓練が行われますので、当然訓練機も見ることができます。
この事前飛行訓練が絶好の撮影ポイントになります!

本番当日は会場内も混雑し、なかなか絶好なアングルで撮影するのも難しく、
背が高くないと人の頭しか撮れない…なんてことも起こり得ますので。

ゆっくり、人混みでアングルがぶれてしまう人は、
事前飛行訓練時に撮影されるのが最もおすすめのポイントかと思います。

撮影ポイント2 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館周辺

岐阜基地航空祭で撮影をする際に気にしないといけないのが日が差す方向。
方角を間違えると逆光になり、飛行機が上手く見れない、撮れないという残念な結果になります。

しかし、岐阜基地から南側に位置する「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」周辺では、
順光で非常にきれいなアングルから撮影することができるようです!

調べてみると撮影に臨む方のほとんどが北会場から入場して、
すかさず南会場、南側へ移動している情報があり、順光を気にしているようです。

撮影の場所だけでなく、日のさす方向、逆光か順光かによっても
撮れる写真は大きく違ってきますので、参考にしてみてください。

撮影ポイント3 基地内エリア

航空祭にカメラを持って入場される方のほとんどが、
飛行機を絶妙なアングルから撮りたいため、です。

そのため、基地内だけでなく、基地外でも人口密度は驚くほどになっています。
少しでもいい場所で、いいカメラで撮るために。多くの人が詰めかけます。

基地外でもおすすめの撮影ポイントがあり、
基地内の撮影エリアが非常に人混みもなく撮ることができます。

基地外でベストポジションを探すことができない方は、
基地内で再度トライしてみてはいかがでしょうか。

岐阜基地航空祭 行き方、アクセス方法

岐阜基地航空祭までの行き方、アクセス方法についてもご紹介していきます。

岐阜基地航空祭まで、車もしくは電車やバスなど
公共交通機関を利用してアクセスする2通りの行き方があります。

それぞれの行き方、ルートや時間などをご紹介したいと思います。
(2つの方法とも岐阜駅からのアクセス方法をご紹介します。)



車を使う場合のアクセス方法

岐阜駅から車だと約20分強の時間がかかります。
しかし、航空祭当日は道路の渋滞も予想されます。

想定時間よりのびる可能性は十分考えられますので、
余裕を持っていかれた方が良いかと思います。

ブルーインパルスの飛行も午前中に開催されますのでお早目の来場をおすすめします!

詳しい当日の混雑や渋滞については以下記事でもまとめてますので参考にしてみてください。

岐阜基地航空祭2018の混雑や待機列、道路渋滞、駐車場の場所、シャトルバス情報

電車、バスを使う場合のアクセス方法

電車、バスの場合時間にして約37分前後かかります。
しかし、電車は基本時間通りにきますので、到着時間の大きなぶれはないかと思います。

当日の混雑や渋滞を考えたら電車などの公共交通機関を利用してアクセスするのがおすすめです。

岐阜基地航空祭の日程プログラム、来場者数や穴場な撮影ポイント まとめ

岐阜基地航空祭の日程プログラム、来場者数や穴場な撮影ポイントについてご紹介してきました。

岐阜基地航空祭は、飛行展示とイベントの2種類のプログラムに分かれており、
特に飛行展示のブルーインパルスは必見!航空祭の大本命イベントです。

このブルーインパルスの飛行をカメラに収めるため、
おすすめの撮影ポイントをいくつかご紹介していますので、撮影ポイント、場所で悩まれている方は参考にしてみてください。

また、岐阜基地航空祭以外の航空祭で
プログラムや撮影ポイントが気になる方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 美保基地航空祭2019のプログラムとブルーインパルス情報、穴場な撮影ポイント

岐阜基地航空祭へ遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけると幸いです。