鎌倉花火大会2019の混雑や交通規制、通行止め情報と場所取りの時間、注意事項




「鎌倉花火大会に参加してみたいけど、混雑、交通規制が気になる…」

毎年鎌倉で開催される夏の風物詩「鎌倉花火大会」

今年2019年で71回目を数える歴史ある花火大会。
県外からも非常に多くの観光客が訪れる有名な花火大会になります。

そんな人気の鎌倉花火大会に参加したい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑や交通規制情報は気になる内容です。

このブログでは鎌倉花火大会の混雑、交通規制が気になる方
鎌倉花火大会2019の混雑や交通規制、通行止め情報と場所取りの時間、注意事項についてご紹介していきます!

鎌倉花火大会参加時の混雑を回避する方法もまとめていますので、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



鎌倉花火大会 今までの混雑状況

鎌倉花火大会

まず初めに鎌倉花火大会の今までの混雑状況について見ていきたいと思います。

今年2019年の鎌倉花火大会の開催は、7月10日(水)。
打ち上げ時間が、19:20~20:10で由比ヶ浜海岸周辺が観覧スポットになります。

花火打ち上げ数は約2,500発が夏の夜空に輝きます。

歴史ある鎌倉の花火大会で
今までどれくらい混雑してきたのか。

花火打ち上げ会場や周辺施設、駅など
混雑状況について調べてご紹介していきます。

記事後半にはこれらの混雑状況から
回避する方法やおすすめアクセスルートもまとめていますので参考にしてみてください!



人出、来場者数情報

初めに人出、来場者数情報についてです。

お祭りやイベントでの人出、来場者数を調べることで
混雑を測る上でのバロメーターとしての役割になります。

鎌倉花火大会の来場者数を調べてみると
例年約15万人もの人出が記録されていることが公表されています!

数字からも人気のお祭りであることがうかがえます。
それでは、打ち上げ会場や駅周辺などの混雑状況について調べてご紹介していきます!



花火打ち上げ会場周辺の混雑状況

まず花火打ち上げ会場周辺の混雑状況についてです。

会場となるのは由比ヶ浜海岸、材木座海岸。

どこの会場も人混みがひどく混雑必須!
約15万人もの人出の多くが会場となる海岸に集まりますので混雑は必ず起きます。

打ち上げ時間の1時間前から徐々に
人混みは増え始めますので、良い場所でゆっくり見たい方は

2時間前くらいから場所取り、スタンバイしておくのが良いかと思います。

最寄り駅周辺の混雑状況

最寄り駅周辺の混雑状況についてです。

鎌倉花火大会の会場からすぐの場所にある最寄り駅は「長谷駅」

花火打ち上げ時間が近づくにつれて
長谷駅は花火観覧者で大混雑!普段から観光名所で有名な場所ですのでさらに混雑が見られます。

さらに気を付けたいのは「帰りの時間」
花火終了後の方が大混雑します。一斉に同じ時間帯に電車へ向かう波が遅いひどい人混みに遭遇します。

家族連れの方はお子様を目から離さないように。
分かりやすい服を着せるなど迷子対策は取られた方が良いかと思います。

鎌倉駅周辺の混雑状況

鎌倉駅周辺の混雑状況についてです。

花火を見終わった人は基本鎌倉駅を目指します。
鎌倉駅から他の線に乗り換えて帰路に立ちますので、鎌倉駅も混雑必須。

駅構内、ホームに入るのも時間がかかるほど。
待ち時間も伸びますので、電車利用の方はご注意ください。

トイレの行列、混み具合

トイレの行列、混み具合についてです。

鎌倉花火大会では会場周辺に少ないもののトイレが準備されています。

しかし、これらのトイレは基本大行列。
近くのコンビニでもトイレを求めてひどい行列が起きて混雑します。

事前に会場入りする前にお手洗いは済ませておくことをおすすめします。

屋台出店の行列、混雑状況

屋台出店の行列、混雑状況についてです。

鎌倉花火大会では多くの人出の胃袋を満たすべく
300軒を超える屋台が会場周辺に出店されます!

花火を見ながら食べる屋台のグルメは格別です。
屋台の食べ物を目当てに訪れる方も多く夏祭り気分を味わえます。

この鎌倉花火大会の屋台の出店場所や
営業時間、食べたいおすすめグルメなど情報を事前に知りたい方は、以下ブログ記事もご覧ください!

⇒ 鎌倉花火大会2019の屋台出店露店の場所や営業時間、おすすめグルメ情報

鎌倉花火大会 今年2019の混雑予想

今までの鎌倉花火大会の混雑状況が分かったところで、
今年2019の鎌倉花火大会の混雑予想を調べていきたいと思います!

鎌倉屈指の夏の風物詩「鎌倉花火大会」
例年約15万人もの人出を記録する人気の花火大会です。

今年も例年並みかそれ以上の混雑が予想されます。
また、来場者数に影響する鎌倉周辺の天気予報を調べてみると

神奈川県鎌倉市の天気予報

鎌倉花火大会が開催される7月10日は雨予報になっています・・・
当日雨が降って鎌倉花火大会の開催有無も気になることと思います。

開催有無やより詳しい天気予報については以下ブログ記事をご覧ください。
⇒ 鎌倉花火大会は雨でも開催?雨天中止?開催場所の由比ヶ浜海岸の天気予報

雨の日が続けば、客足は鈍り来場者数は減る傾向にあり
結果、混雑緩和につながることが考えられますが、

晴れの日が続けば、まさに花火大会日和!混雑も発生しやすくなります。

ただ、天気は当日急変する可能性もあり
鎌倉周辺の天気予報は随時情報を更新していきます。

混雑予想は道路の渋滞にも影響しますので
鎌倉花火大会の混雑予想や天気予報が気になる方はぜひチェックしてみてください!



鎌倉花火大会 交通規制、通行止め情報

鎌倉花火大会に車でアクセスしたい!
そんな方も多いことと思います。そんな時必要な情報が「交通規制情報」

ここでは鎌倉花火大会の交通規制、通行止め情報について調べてまとめていきます。

車でアクセスしなくても、普段から車で
会場周辺を運転する地元の方にとっても重要な情報です。

しっかり把握しておかなければ、不要な迂回や
回り道を余儀なくされ余計な時間がかかってしまう場合があります。

鎌倉花火大会での交通規制の場所を図で説明しつつ
交通規制の実施日時やポイントについてまとめていきます。



交通規制図

まず鎌倉花火大会の交通規制図についてです。
以下、交通規制の図になります。クリックすると拡大して見やすくなります。
(※2018年の情報になりますので最新情報が分かり次第更新します)

鎌倉花火大会の交通規制図

交通規制のポイント

そして交通規制のポイントについてまとめていきます。

交通規制時間:18:30~22:30

規制のポイント:
・鎌倉駅前交差点から滑川交差点まで通行止め
・通行止めの場所では駐車場等からの出庫不可
・鎌倉駅東口、西口ロータリーは23時まで規制実施

つまり、鎌倉駅から会場近くの交差点まで交通規制が実施されます。

一方で最寄り駅の長谷駅や由比ヶ浜駅周辺は交通規制は実施されないことが分かります。

車でアクセスしたい方は、鎌倉駅方面から向かうのではなく
江ノ島方面からアクセスすればスムーズに会場周辺まで行くことが出来そうですね。

ただ、長谷駅周辺は駐車場の数も少なく
道路も渋滞が予想されるため、電車などの公共交通機関を利用したアクセスをおすすめします。

鎌倉花火大会 混雑を回避するルート、回避方法

ここまで、今までの混雑状況や今年の予想、
交通規制情報もまとめてきましたが、結局混雑を回避する方法はあるのだろうか?

最も気になる情報だと思います!
そこで鎌倉花火大会参加時の混雑を回避するルート、回避方法をご紹介していきます!

車ではなく電車などの公共交通機関を利用して
アクセスしてきた観光客を対象に混雑回避方法をまとめていきます。



ICカードは事前にチャージ!

改札

会場に入る前にICカードは事前にチャージしておきましょう。

花火大会で混雑する場所は会場周辺と最寄り駅がほとんどです。

この最寄り駅で混雑する原因の一つは改札が少ない、
ホームが狭いなども考えられますが、現金支払いにしてしまうと券売機の前に長蛇の列が出来て余計にホームが大混雑します。

そのため、駅改札を通る時は基本ICカードにして
必ず事前にチャージしておくことをおすすめします!

残高不足でエラーになると通れず並んでいたのにまた最初から並びなおし・・・なんてことも起こりえますので。

花火打ち上げ終了数分前に退散!

出口

花火打ち上げ終了数分前に退散しましょう。

花火大会は、入りより帰りの方が大混雑します。
それは、打ち上げ終了と同時に一斉に同じ方向へ帰るため混雑します。

このひどい混雑を回避する方法が「花火終了の数分前に帰る」という方法。

確かに最後まで見て帰りたい気持ちは良く分かります。
しかし、ほんの10分でも5分でも構いません。早く帰ることが非常に混雑回避に有効です。

さらに、帰りながら振り向きざまに花火は十分見えますので
個人的には駅のホームに到着するまでの間に帰り道で花火フィナーレを見届けてスムーズに帰ることをおすすめします。

これは、最後までしっかり見届けるか、大混雑の中帰るか、二者択一の問題かと思います。

場所取りは計画的に

花火大会の場所取り

行きで特に気にしておきたい場所取りは計画的です。

会場に着いたはいいもののどこも空いていない。
見れるスポットがない、となると残念ですよね、デートであればなおさら避けたい事象です。

場所取りの混雑を回避するためにも
花火打ち上げの時間より早く会場入りしておくことをおすすめします。

この場所取りに関する情報についてはこの後の記事でまとめていきますので参考にしてみてください。

鎌倉花火大会 場所取りのルールと時間

最後に鎌倉花火大会の場所取りのルールと時間について調べていきます。

せっかく鎌倉花火大会に参加するなら
きれいに、はっきり花火が見える場所で見たい!

そんな方に!混雑や交通規制の実施エリアも考慮した
場所取りのルールと何時から出かけてスタンバイしておけばいいのか、についてご紹介していきます!



場所取りのルート、禁止注意事項

まず場所取りのルート、禁止注意事項についてです。

鎌倉花火大会での場所取りのルート、禁止注意事項を調べてみると
鎌倉市公式ホームページ上でも、特に鎌倉花火大会の場所取りに関する情報は掲載されていませんでした。

観光客は思い思いに場所取りを行っているようです。

しかし、常識の範囲内でモラルを守って、
みんなが楽しめる花火大会になるのがベストかと思います。

今年2019年に場所取りを担当される方は参考にしてみてください。

場所取りの時間は何時から行うのがおすすめ?

場所取りの禁止事項は分かりましたが
次に気になるのが場所取りの時間は何時から行うのがおすすめかについてです。

そもそも花火が打ちあがる周辺の会場、
海岸は海水浴が楽しめる人気のスポットでもあるため、多くの海水浴客で賑わっています。

そのため、昼過ぎから徐々に海水浴客が増えてきますので
ベストなアングルで花火を見たい方は午前中には場所取りを行っておくのが良いかと思います。

今年2019年に場所取りを担当して
出かける時間に悩まれている方は、参考にしてみてください。

まとめ

鎌倉花火大会2019の混雑や交通規制、通行止め情報と場所取りの時間、注意事項についてご紹介してきました。

鎌倉を代表するの夏の風物詩「鎌倉花火大会」

例年約15万人もの人出を記録し
会場周辺をはじめ最寄り駅では大混雑するほど人気の高い花火大会です。

そんな鎌倉花火大会の混雑状況や混雑予想をまとめています。

さらに、交通規制、通行止めの場所も調べていますので
車でアクセス予定の方、地元運転手の方は事前に必ず確認しておくことをおすすめします。

場所取りの注意事項や時間もまとめていますので参考にしてみてください。

さらに、鎌倉花火大会以外の神奈川の花火大会で
混雑や交通規制情報も事前に知りたい方は、以下ブログ記事もご覧ください。

⇒ 横浜スパークリングトワイライト2019の混雑や交通規制と場所取り情報

今年2019年に鎌倉花火大会に参加予定の方は
混雑や交通規制情報を参考に鎌倉観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。