笠間稲荷神社の初詣の混雑状況




「笠間稲荷神社の初詣はどれくらい混雑する?駐車場や屋台出店情報も教えて欲しい!」

茨城県笠間市に鎮座する神社「笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)」

笠間稲荷神社は、日本三大稲荷にも数えられ、
別称胡桃下稲荷、紋三郎稲荷とも呼ばれる歴史ある神社です。

茨城県内だけでなく、県外からも多くの参拝者が訪れ、
新年のあいさつとご祈祷をささげます。

人気の笠間稲荷神社へ初詣に行かれる予定の方は、
どれくらい混雑するのか?気になる情報かと思います。

このブログでは、笠間稲荷神社の混雑が気になる方に、
笠間稲荷神社の初詣の混雑や参拝時間や駐車場、屋台出店のグルメ情報についてご紹介していきます!

笠間稲荷神社へお正月訪れる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




笠間稲荷神社の初詣 参拝時間

まず初めに、笠間稲荷神社の初詣の参拝時間についてご紹介していきます。
2019年(平成31年)の笠間稲荷神社の初詣の参拝時間は以下の通りです。

12月31日(月) 大晦日
1月1日(火)  6時~20時(歳旦祭)
1月2日(水)  6時~19時
1月3日(木)  6時~19時(元始祭)
1月4日(金)以降 6時~18時

笠間稲荷神社の営業は午前6時からとなっており、
正月三が日のそれぞれで開門、参拝可能時間は異なります。

また、元旦、三が日ではイベント、祭礼行事も開催され、
歳旦祭は午後5時から、元始祭は午前」8時からとなっています。

茨城の初詣スポットで人気の神社として名前が挙がる笠間稲荷神社。

年末年始の混雑状況はどれくらいなのでしょうか。
実際の笠間稲荷神社の混雑状況について調べていきたいと思います!




笠間稲荷神社の初詣 混雑状況

それでは早速笠間稲荷神社の初詣の混雑状況について見ていきたいと思います。
笠間稲荷神社の初詣、年末年始の混雑状況を調べるために、

・年末、年の瀬の混雑状況
・正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況
・正月三が日以降の混雑状況

上記の混雑状況に加えて、参拝客数や最寄り駅などの
混雑、待ち時間についても調べてご紹介していきます。

年末年始、元旦に笠間稲荷神社へ参拝に行かれる予定の方、
笠間稲荷神社の初詣の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。




参拝客数、人出情報

まず参拝客数、人出情報についてです。

参拝客、観光客数は混雑状況を調べる上で
重要なバロメーターとなっており、数値から混雑状況が見えてきます。

笠間稲荷神社の正月三が日の参拝客数は、
約81万人以上と言われています。

年間では参拝客数が約350万人ですので、
初詣シーズンの人出は非常に多いことがうかがえます。

それでは、元旦から正月三が日までと以降の
実際の混雑状況についてみていきたいと思います!

年末、大晦日の混雑状況

年末、大晦日の混雑状況についてです。

大晦日の晩から元旦にかけて参拝する方がいますが、
それほどのひどい人出は見られず程よい混み具合になっています。

混雑もまばらですので、ゆっくり参拝ができるかと思います。
大晦日の晩から参拝でお越しの方は、毎年底冷えする寒さが襲いますので、

寒さ、防寒対策はしっかり取られて、万全の状態で行かれるようにしてください。
特に家族で行かれる方はお子様の体調管理にも十分ご注意ください。

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況についてです。

元旦から正月三が日にかけての3日間がとても混雑します。

参道から本殿の参拝まで待ち時間も発生しており、
長い時で1時間程度待つ場合があります。

正月三が日の時はおおむね30分程度の参拝時間になりますが、
それでも人混み、人の行列で時間がかかりますので、

混雑や人混みが苦手な方には苦痛かもしれません。

正月三が日以降の混雑状況

正月三が日以降の混雑状況についてです。

正月三が日を明けると徐々に参拝者の人数も減り始めます。
混雑も和らぎ始め、ゆっくり参拝することができます。

正月三が日に初詣をしたい方がほとんどですので、
元旦から正月三が日にかけてが非常に混雑していますが、

特に初詣の日程にはこだわりなくいつでも良い方は、
三が日明けの日程が混雑回避にはおすすめです。

最寄り駅の混雑状況

最寄り駅の混雑状況についてです。

笠間稲荷神社の最寄り駅は「笠間駅」
神社まで徒歩約20分弱の距離ですので、電車を使ってアクセスされる方が多いです。

そのため、初詣シーズンに入れば、
駅内、駅周辺は大変混雑し始めます。

特に駅降りてから笠間稲荷神社まで続く道のりで人の行列、
渋滞が起きて混雑が見られますので、ご注意ください。

笠間稲荷神社の初詣 混雑回避の方法

笠間稲荷神社の初詣の混雑状況が分かったところで、
結局、いつ行ったら混雑にあわずに済むのか?知りたいのは混雑回避方法だと思います。

次に笠間稲荷神社の初詣の混雑回避の方法について見ていきたいと思います。

実際笠間稲荷神社の初詣時に行ってみての感想と、
調べてみての情報をもとに検証した結果、混雑回避は、

・正月三が日以降の日程で参拝する!
・夕方の遅い時間帯に参拝する!

笠間稲荷神社の初詣シーズンでの混雑ピークは、
元旦から正月三が日の3日間は連日混雑しています。

特にその中でも早朝早い時間帯から昼過ぎまでの時間帯は、
混雑しており、参道から本殿まで人の行列で待ち時間が起きるほどです。

なるべく混雑ピークを避けるべく、正月三が日以降の日程が、
混雑回避にはおすすめですが、どうしても三が日にいかれたい方は、

夕方の遅い時間帯が混雑も徐々に和らぎ混雑回避にはおすすめです。

今年、笠間稲荷神社の初詣に行かれる方は、
行かれる前の混雑情報として参考にしてください。




笠間稲荷神社の初詣 屋台出店情報

笠間稲荷神社の初詣の屋台出店情報についてご紹介していきます。

笠間稲荷神社では初詣シーズンに
約81万人近い参拝者が訪れるため非常に境内は賑わいます。

参拝者、観光客の胃袋を満たすべく
初詣期間中に多くの屋台が出店するのも名物の一つとなっています。

その屋台出店場所は鳥居をくぐって参道まで続き、
電車の駅から鳥居までの距離にもおよぶほど多くの屋台が出店します。

これほど屋台が出店していると何を食べたらいいか迷ってしまうほど、
充実したレパートリーが参拝者を出迎えてくれます。

ここでは、笠間稲荷神社の屋台飯をいくつかご紹介していきます。
屋台のグルメ、食べ物も気になる方はぜひ参考にしてください。




屋台飯1 いなり寿司

日本三大稲荷神社と呼ばれるだけあって、
稲荷から「いなり寿司」がご当地グルメとして広まっています。

「笠間いなり寿司」とも呼ばれ、一般的ないなり寿司とは異なり、
「そば」「くるみ」「舞茸」などの具材を入れる変わり種が特徴の一つです。

もちろん屋台のグルメとしても楽しむことができますので、
見かけたらぜひ笠間稲荷神社で食べておきたいグルメです。

屋台飯2 ピザ

お祭りや初詣で食べられる屋台のグルメには、
粉ものや焼きそばなど定番の食べ物というのがありますが、

「ピザ」が食べられるのも珍しいように思えます。
笠間稲荷神社の初詣の屋台では毎年恒例となっており、

多くの参拝者、観光客が初詣にピザを食べています。

グルメ スタミナラーメン

茨城と言ったら干し芋などサツマイモの生産量が全国トップ。
おいしいグルメがたくさんある中でとても人気のグルメが「スタミナラーメン」

聞きなれないネーミングですが、
茨城では非常にポピュラーな食べ物で多くのご当地に愛されるグルメです。

茨城でとれたたくさんの野菜、具材を入れ、
アツアツの餡と絡ませたら完成の非常にシンプルなつくり。

しかし一度食べてみたら忘れられないくせになる味わい!
店によって味付けや好みが異なりますので、自分好みのお店を探すのも楽しさの一つです。

笠間稲荷神社の初詣 駐車場の場所

笠間稲荷神社まで車で行かれる方も多いかと思いますので、
ここでは笠間稲荷神社の初詣で利用したい駐車場の場所についてもご紹介していきます。

多くの参拝者、観光客の方が、
電車でアクセスして徒歩で笠間稲荷神社まで行かれますが、

茨城は車を保有する方も多いため、神社まで
マイカーで行かれる方も多いようです。

初めて行かれる方は特に駐車場の情報は
事前に知っておきたい情報かと思います。

笠間駅周辺には駐車場はありませんので、
笠間稲荷神社の参拝者専用の駐車場に停めることになります。

いくつかありますので、場所と情報をご紹介していきます。
車で行かれる方は、参考にしてください。




笠間稲荷神社駐車場

【場所】〒309-1611 茨城県笠間市笠間
【料金】無料 ※時期によって有料
【収容台数】約30台

笠間稲荷神社すぐ裏にある駐車場。
最も近い駐車場ですので、まずはここへ目指してはいかがでしょうか。

収容台数も多いのですが、車でアクセスされる方も
一定数いますので満車になる可能性は高いです。

公営笠間稲荷駐車場

【場所】〒309-1611 茨城県笠間市笠間1014
【料金】無料 ※時期によって有料
【収容台数】約150台

駐車後、笠間稲荷神社まで
少し距離がありますので徒歩でのアクセスになる駐車場。

しかし、それほど遠くはないため、
笠間稲荷神社から最も近い駐車場が満車の場合は

次に目指すべき駐車場が「公営笠間稲荷駐車場」
になるかと思います。

笠間市営荒町駐車場

【場所】〒309-1611 茨城県笠間市笠間1556
【料金】無料
【営業時間】24時間
【収容台数】110台

笠間稲荷神社からも徒歩で約5分程度の場所にある駐車場、
「笠間市営荒町駐車場」

収容台数も多く24時間入出庫可能ですので、
いつでも気軽に駐車できるのがメリット。

さらに駐車料金も無料ですので、参拝者にとっては、
嬉しいメリットばかりの駐車場です。非常におすすめです。

(閉鎖)笠間市営鷹匠町駐車場

【場所】〒309-1611 茨城県笠間市笠間73?2

グーグルマップで笠間稲荷神社の駐車場を調べていると、
「笠間市営鷹匠町駐車場」が情報で掲載されていますが、

調べてみるとすでに平成28年1月20日に閉鎖していたことが分かりました。

同じように調べて駐車場が掲載されていたから行ってみたら閉鎖されていた!
ということにならないように閉鎖情報としてお知らせいたします。

まとめ

笠間稲荷神社の初詣の混雑や参拝時間や駐車場、屋台出店のグルメ情報についてご紹介してきました。

笠間稲荷神社は茨城の初詣スポットの中でも
非常に人気の高い神社になります。

初詣期間の参拝者数も約81万人近い人出が発生し、
元旦から正月三が日にかけての3日間が特に混雑します。

正月三が日以降の日程では混雑も和らぎ、
人混みも徐々に緩和され始めますので、混雑が苦手な方にはおすすめです。

そして、笠間稲荷神社の屋台の食べ物情報やご当地グルメ、
駐車場の場所情報もご紹介していますので、

笠間稲荷神社の初詣に行かれる予定の方は、
行かれる前の事前情報として、ぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。