東京大神宮の初詣の混雑状況




「東京大神宮の初詣はどれくらい混雑する?交通規制や駐車場の場所も教えて欲しい!」

「東京のお伊勢さま」として広く親しまる「東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)」

縁結びの神社としても人気で
若い女性の参拝者が多いことでも有名な神社です。

そんな東京大神宮の初詣に行く予定の方で、
「どれくらい混雑するのか?」は気になる情報かと思います。

このブログでは、東京大神宮の混雑が気になる方に、
東京大神宮の初詣の混雑や参拝時間、アクセス、行き方と駐車場情報についてご紹介していきます!

東京大神宮へお正月訪れる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




東京大神宮の初詣 参拝時間

まず初めに、東京大神宮の初詣の参拝時間についてご紹介していきます。
2019年(平成31年)の東京大神宮の初詣の参拝時間は以下の通りです。

■参拝時間
6時 ~ 21時

■祈祷受付時間
12月31日(月) 23時 ~ 3時
1月1日(火)  7時 ~ 17時
1月2日(水)  8時 ~ 17時
1月3日(木)  8時 ~ 17時
1月4日(金)  7時30分 ~ 16時30分
1月5日(土)  9時 ~ 16時30分
1月6日(日)  9時 ~ 16時30分
1月7日(月)  7時30分 ~ 16時30分
1月8日(火)以降 9時 ~ 16時30分

元日は午前0時より初祈祷が行われます。

また、三が日は境内にて伊勢名物の「赤福」がふるまわれ
多くの参拝者、観光客が訪れることが予想されます!

初詣シーズンは若い女性だけでなく、
家族連れや会社員の男性も訪れ、新年のご挨拶と祈祷を捧げます。

実際の東京大神宮の初詣はどれくらい混雑するのか。
次から元旦から正月三が日の混雑状況について調べていきたいと思います!




東京大神宮の初詣 混雑状況

それでは早速東京大神宮の初詣の混雑状況について見ていきたいと思います。
東京大神宮の初詣、年末年始の混雑状況を調べるために、

・年末、大晦日の混雑状況
・正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況
・正月三が日以降の混雑状況

上記の混雑状況に加えて、参拝客数や最寄り駅などの
混雑、待ち時間についても調べてご紹介していきます。

年末年始、元旦に東京大神宮へ参拝に行かれる予定の方、
東京大神宮の初詣の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。




参拝客数、人出情報

まず参拝客数、人出情報についてです。

参拝客、観光客数は混雑状況を調べる上で
重要なバロメーターとなっており、数値から混雑が見えてきます。

東京大神宮の正月三が日の参拝客数は、
約5万人以上と言われています。

初詣シーズンに限らず年中参拝者が多いことでも有名で、
縁結びの御利益のため県外からの参拝者がいるほど人気の神社。

初詣期間ではどれくらい混雑するのか。
東京大神宮の混雑状況を見ていきたいと思います。

年末、大晦日の混雑状況

年末、大晦日の混雑状況についてです。

大晦日の晩から元旦にかけて初詣に来られる方がいますが、
大晦日の晩から非常に多くの参拝者が東京大神宮を訪れます。

参拝者の多くの女性がよく散見され、
中には家族連れの方も参拝に訪れます。

夜は非常に冷え込みますので、寒さ対策はしっかり取られて、
お出かけされるようにしてください。

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況についてです。

元旦から正月三が日にかけての東京大神宮は
非常に混雑しています!人混みで参道が見えないほどです。

やはり参拝者の中でも女性の姿が多く、
参道から本殿まで参拝のための列が発生して待ち時間は約1時間程度。

早く進んで30分程度はかかりますので、
東京大神宮の初詣に行かれる方は準備して行かれた方が良いでしゅう。

新年を良い結びの御利益をもらうために、
若い女性が初詣にも訪れることがうかがえます。

正月三が日以降の混雑状況

正月三が日以降の混雑状況についてです。

正月三が日以降の日程は基本混雑は緩和され、
人出も徐々に和らぎ始めるタイミングですが、

東京大神宮の場合混雑はまだまだ見られました。
三が日明けの土日ということもありましたが参道から本殿から人の行列で、

参拝の待ち時間が発生するほどの賑わいぶりで、
正月、初詣シーズン!といった装いを見せていました。

混雑を回避して参拝されたい方は、
正月三が日以降のさらに土日以降に行かれた方が良いかもしれません。

夕方以降の時間帯での混雑状況

夕方以降の時間帯での混雑状況についてです。

夕方以降、夜の時間帯での東京大神宮の
混雑はそれほど人混みは見られず、スムーズに参拝することができました。

東京大神宮の参拝で混雑ピークは、
早朝から昼過ぎにかけてが最も混雑することが予想されます。

混雑が苦手な方は夕方以降に行かれた方がよいでしょう。
正月三が日の期間でも同様に夕方以降がおすすめです。

最寄り駅の混雑状況

最寄り駅の混雑状況についてです。

東京大神宮の最寄り駅は「飯田橋駅」
もしくは「水道橋駅」や「九段下駅」からもアクセスできます。

最も近い飯田橋駅の混雑具合は、
駅降りればすぐに参拝者であろう人の行列が見えます…

東京大神宮の参道まで伸びる待機列は非常に伸びていて、
待ち時間は並ぶだけで1時間以上はかかります。

正月三が日明けは若干混雑、待ち時間も緩和されますが、
非常に人気の高い神社であることが分かりました。

東京大神宮の初詣 混雑回避の方法

東京大神宮の初詣の混雑状況が分かったところで、
結局、いつ行ったら混雑にあわずに済むのか?知りたいのは混雑回避方法だと思います。

次に東京大神宮の初詣の混雑回避の方法について見ていきたいと思います。

実際東京大神宮の初詣時に行ってみての感想と、
調べてみての情報をもとに検証した結果、混雑回避は、

・夕方、遅い時間帯に参拝する!

大晦日の晩から元旦、正月三が日にかけて、
連日大賑わいを見せる人気の東京大神宮。

非常に混雑していますので、いつ行っても
混雑していることも驚きも隠せませんが、

混雑ピークは正月三が日の中でも早朝から昼過ぎにかけて。
夕方以降になると徐々に混雑も緩和され始めます。

また、正月三が日明けの日程でも混雑はまだ見られ、
1、2週間経った後に初詣に行かれるのが混雑回避になるかと思います。




東京大神宮の初詣 アクセス方法、行き方

東京大神宮の混雑状況が分かったところで、
東京大神宮までのアクセス方法、行き方についてご紹介していきます。

混雑していても東京大神宮へ初詣に行きたい!
今年こそ良い恋愛、縁結びの御利益をもらいたい!

そんな方のために、最寄り駅から東京大神宮までの
アクセス方法、行き方をご紹介していきます。

ご都合の良い駅からの行き方を参考にしてください。




飯田橋駅から東京大神宮までのアクセス方法

飯田橋駅から東京大神宮までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

行き方についてですが、
飯田橋駅の「A4」出入口を出てすぐの路地に入り、

小道と坂道を道なりに直進し続けると案内板も見えてきますので、
標識の通りに進むとすぐに東京大神宮に到着します。

距離にして約500m、徒歩約6分程度で到着します。
飯田橋駅からが最も近いですが、行列も発生しており、

苦手な方は人混みで人酔いするかもしれません。

水道橋駅から東京大神宮までのアクセス方法

水道橋駅から東京大神宮までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

行き方についてですが、
水道橋駅の「西口」を出て小さい橋を渡ります。

渡った先に大きなビル「飯田橋アイガーデンテラス」
「大和ハウス工業」が横目に見えてきますので、

その道を直進すると「目白通り」が見えてきますので、
渡り切って坂道をのぼると東京大神宮に到着します。

距離にして約850m、徒歩約11分程度で到着します。

九段下駅から東京大神宮までのアクセス方法

九段下駅から東京大神宮までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

行き方についてですが、
九段下駅の「3a」もしくは「3b」出入口を出て「目白通り」を北に進みます。

目白通りを進むと東京大神宮の案内板が見えてきますので、
左の路地に入り坂道をのぼると東京大神宮に到着します。

距離にして約700m、徒歩約8分程度で到着します。

東京大神宮の初詣 駐車場の場所

東京大神宮の最寄り駅から徒歩でのアクセス方法をご紹介してきましたが、
中には東京大神宮まで車で行かれる方もいるかと思います。

ここでは東京大神宮の初詣で利用したい駐車場の場所についてご紹介していきます。

東京大神宮の境内には参拝者専用の駐車場などは
準備されておらず、近くの民間駐車場に停める必要があります。

ただ、近くにも民間の駐車場は少なく、
最寄り駅もしくは離れた駅周辺の駐車場に停めることになります。

ここでは、飯田橋周辺とおすすめの駐車場の場所を
いくつかご紹介していきますので、車で行かれる方は参考にしてください。




飯田橋セントラルプラザ駐車場

【場所】〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1
【料金】250円/30分
【営業時間】07:00~23:00(無休)
【収容台数】60台

飯田橋駅近くの駐車場、
「飯田橋セントラルプラザ駐車場」

飯田橋駅周辺は駐車場は少ないのですが、
収容台数も多く駅からもすぐの場所にあるためおすすめの駐車場です。

飯田橋駅周辺に停めたい方は参考にしてください。

タイムズ ヨドバシAkiba

【場所】〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1
【料金】300円/30分
【営業時間】07:30~24:00
【収容台数】511台

飯田橋駅からも電車で近く、
駐車場の数も多い秋葉原駅周辺がおすすめです。

駐車場は「タイムズ ヨドバシAkiba」
収容台数はなんと511台!圧倒的な収容力を誇ります。

東京大神宮での参拝後には秋葉原で
買い物もできますので、おすすめの駐車場です。

御茶ノ水ソラシティ駐車場

【場所】〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目6
【料金】300円/30分
【営業時間】07:00~21:00
【収容台数】125台

秋葉原駅のお隣で飯田橋駅からも近くなる
御茶ノ水駅もおすすめの駐車場があります。

駐車場名は「御茶ノ水ソラシティ駐車場」
収容台数は125台と多く敷地面積が広いです。

100台以上であれば満車になる可能性も低いため、
何度も駐車場を探したり、駐車待ちで待ったりする必要がありません。

まとめ

東京大神宮の初詣の混雑や参拝時間、アクセス、行き方と駐車場情報についてご紹介してきました。

東京大神宮は若い女性に大人気の縁結びの御利益、
パワースポットとしても有名な神社です。

そのため、初詣シーズンに入っても、
元旦から正月三が日まで連日大賑わいで混雑しています!

初詣に行きたいけど混雑は苦手という方は、
夕方以降の遅めの時間帯に行かれるのがおすすめです。

東京大神宮までのアクセス方法や駐車場の場所もご紹介してますので、
初詣に行かれたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。