靖国神社の初詣の混雑状況




「靖国神社の初詣はどれくらい混雑する?駐車場の場所も教えて欲しい!」

東京にある歴史ある神社「靖国神社」
九段下が最寄り駅で初詣時期に入ると多くの参拝客が訪れる人気のスポットです。

今年も多くの参拝客が年末年始に訪れることが予想されますが、
お正月に行く予定の方は、靖国神社の混雑状況が気になる情報かと思います。

このブログでは、靖国神社の混雑が気になる方に、
靖国神社の初詣は混雑や年末年始の駐車場、屋台出店売店情報についてご紹介していきます!

靖国神社へお正月訪れる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




靖国神社の初詣 参拝時間

まず初めに、靖国神社の初詣の参拝時間についてご紹介していきます。
2019年(平成31年)の靖国神社の初詣の参拝時間は以下の通りになります。

12月31日(月) 午後11時30分から
1月1日(火)  午後6時30分まで
1月2日(水)  午前6時 ~ 午後6時
1月3日(木)  午前6時 ~ 午後6時
1月4日(金)以降 午前6時 ~ 午後5時

年末の年の瀬は午後11時30分から参拝することが出来ます。
そして、正月三が日は遅い時間まで参拝することが可能で、

4日以降から普段通りの参拝時間に戻るスケジュールです。
2019年は靖国神社にとって150周年を迎える大きな節目です。

多くの参拝客が訪れることが予想され、
境内、周辺でも混雑が見られることでしょう。

どれくらいの混雑が発生するのでしょうか。
早速次から靖国神社の混雑状況について見ていきたいと思います!




靖国神社の初詣 混雑状況

それでは早速靖国神社の初詣の混雑状況について見ていきたいと思います。
靖国神社の初詣、年末年始の混雑状況を調べるために、

・年末、年の瀬の混雑状況
・正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況
・正月三が日以降の混雑状況

上記の混雑状況に加えて、参拝客数や最寄り駅などの
混雑、待ち時間についても調べてご紹介していきます。

年末年始、元旦に靖国神社へ参拝に行かれる予定の方、
靖国神社の初詣の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。




参拝客数、人出情報

まず参拝客数、人出情報についてです。

参拝客、観光客数は混雑状況を調べる上で
重要なバロメーターとなっており、数値から混雑が見えてきます。

靖国神社の正月三が日の参拝客数は、
約20万人以上と言われています。

靖国神社の年間の参拝客数は約500万人以上で
そのうち初詣で参拝する方が20万人以上ですので多いことがうかがえます。

それでは、実際の混雑はどれくらいのものなのでしょうか。
次からは初詣の混雑状況を調べていきたいと思います!

年末、年の瀬の混雑状況

次に年末、年の瀬の混雑状況についてです。

年末、年の瀬31日の靖国神社では、
大きな人出もなく混雑は起きていませんでした。

31日の参拝時間は午後11時30分からですので、
参拝される方は、地元の方、近い方がほとんどのようです。

混雑が極端に苦手な方は、年の瀬に参拝に来られると、
ゆっくり境内を周りながら新年の祈念を参拝することが出来ますのでおすすめです。

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況についてです。

元旦、正月三が日が非常に混雑しています。
境内まで続く参道も人出が起きて道が見えないほどに。

靖国神社では一般の参拝客に加えて、
会社単位、法人の方も参拝に来られるほど人気の神社です。

そのため、スーツを着た方をよく見かけますが、
靖国神社へ初詣に行きたいが混雑は苦手、という方は、

元旦、正月三が日は避けた方が良いかもしれません。

正月三が日以降の混雑状況

正月三が日以降の混雑状況についてです。

元旦、三が日を過ぎた日であれば、
人混みも減り混雑はほとんど見られませんでした。

やはり三が日に来られる方が多く、
新年の祈念を三が日に済ませたい方が多いようです。

とくに初詣の日程についてこだわりのない方は、
正月三が日以降の日に来られるのが良いかと思います。

最寄り駅の混雑状況

最寄り駅の混雑状況についてです。

靖国神社の最寄り駅は「九段下駅」になります。
オフィスビルや飲食店が立ち並び、住宅はほとんど見られません。

そのため、九段下駅に年末年始訪れるのは、
基本参拝を目的にされている方かアーティストライブに参戦される方がほとんどです。

しかし、大きなイベントと重ならない限りは、
駅周辺での混雑はほぼ見られず遅延も見かけませんでした。

最寄り駅から靖国神社までの行き方とアクセスルートは
以下地図からも確認することが出来ます。参考にしてみてください。

靖国神社の初詣 混雑回避方法

靖国神社の初詣の混雑状況が分かったところで、
結局、いつ行ったら混雑にあわずに済むのか?知りたいのは混雑回避方法だと思います!

次に靖国神社の初詣の混雑回避方法について見ていきたいと思います。

靖国神社の初詣の時期に実際に行ってみての感想と、
調べてみての情報をもとに検証した結果、混雑回避は、

・年の瀬に参拝する!
・正月三が日明けの日に参拝する!

靖国神社では、元旦、正月三が日の3日間が
非常に人出が発生し、混雑しています。

この混雑ピークを避けるために、年末もしくは
正月三が日以降の日程で参拝に行かれるのが混雑回避の方法です。

また、時間帯での混雑回避は、夕方以降がおすすめです。
朝から昼過ぎまでが混雑ピークにあたりますので、待ち時間も1時間以上はかかります。

靖国神社へ初詣に行きたいけど、混雑は避けたい方は、
混雑回避方法を参考にしながら初詣に行かれてみてはいかがでしょうか。




靖国神社の初詣 駐車場の場所

靖国神社まで車で行かれる方も多いかと思います。
ここでは靖国神社の初詣で利用したい駐車場の場所についてご紹介していきます。

靖国神社には参拝者専用の駐車場はなく、
境内周辺にも駐車場の準備がないため、民間の駐車場を利用する必要があります。

靖国神社までのアクセスで推奨されるのは最寄り駅が近いので、
電車などの公共交通機関ですが、それでも車でアクセスしたい方は、

靖国神社から近くおすすめの駐車場をいくつかご紹介していきますので、
行かれる前の情報として、ぜひ参考にしてみてください。




GSパーク九段下 駐車場

【場所】〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目13-4
【料金】200円/25分
【営業時間】8:00~22:00
【収容台数】32台

九段下駅すぐの場所にある駐車場。
「GSパーク九段下 駐車場」

九段下駅周辺には駐車場が非常に少なく、
その中でも数少ない駐車場になりますが、

比較的収容台数も多く、駐車料金も安いのがメリット。
まずはGSパーク九段下の駐車場を目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの駐車場です。

Dパーキング 九段下駅前第1

【場所】〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目1?4
【料金】400円/20分
【営業時間】24時間
【収容台数】17台

同じく九段下駅近くにある駐車場。
「Dパーキング 九段下駅前第1」

GSパーク九段下に比べたら収容台数も駐車料金も高く、
メリットは24時間営業である点。

しかし、九段下駅周辺の駐車場は、
Dパーキングのような駐車場がほとんどです。

次は九段下駅以外の最寄り駅で
駐車場を探してみたいと思います。

神保町三井ビルディング駐車場

【場所】〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105
【料金】300円/30分
【営業時間】7:00~22:00
【収容台数】40台

九段下駅の隣の駅、神保町駅周辺の駐車場。
「神保町三井ビルディング駐車場」

収容台数も多く駐車料金もそれほど高くない割安な駐車場。

また、神保町駅は靖国神社まで徒歩でもアクセスできる
距離にありますので、神保町駅の駐車場に停めるのもおすすめです。

ちなみに、神保町駅はカレー店が多いので、
カレー好きの方は帰りにお店に寄っても素敵な時間が過ごせるかと思います。

靖国神社の初詣 屋台出店売店情報

初詣と言ったら神社祈念以外にも屋台の食べ物が気になりますよね。
靖国神社の初詣の屋台出店売店情報についてもご紹介していきます。

靖国神社の初詣の屋台出店売店情報を調べてみると、

前回の初詣時期では屋台は一店も出店していなかったようです。
これは参拝者のマナーを考慮しての処置のようです。

数年前からすでに靖国神社では屋台は出店しておらず、
静かで厳かな初詣、祈念することになりますので、

屋台が目当てで初詣に参列される方は、別の神社へ
初詣に行かれることも候補に入れておいた方が良いかもしれません。

ただ、今年2019年は屋台が出店する可能性もありますので、
靖国神社の初詣時期の屋台について新しい情報が入りましたらこのブログでも更新したいと思います。

まとめ

靖国神社の初詣は混雑や年末年始の駐車場、屋台出店売店情報についてご紹介してきました。

靖国神社は、世代を超えて多くの人に愛され、
150年という長い歴史を有する由緒ある神社です。

初詣時期になると元日、正月三が日は非常に多くの参拝客で賑わいます。

元旦、正月三が日が混雑ピークにあたりますので、
混雑を避けたい方は、年末31日もしくは三が日明けの日に行かれた方が良いかと思います。

駐車場の場所や屋台出店情報もご紹介していますので、
靖国神社の初詣に行かれる前の事前情報として、ぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。