六義園の桜花見2019の見頃時期と開花状況!混雑やライトアップ情報




「六義園の花見で見頃、満開時期と桜の開花状況を教えて欲しい!」

東京都内屈指の庭園「六義園」

秋になれば紅葉、夏は緑葉が楽しめ、
春には見頃なシダレザクラが見れる人気の花見スポットです。

そんな六義園へ桜を見に花見をしたい方は、
いつからいつまでが見頃時期で開花状況も事前に知りたい情報かと思います。

このブログでは、六義園の桜を見に花見をしたい方に、
六義園の桜花見2019の見頃時期と開花状況!混雑やライトアップ情報についてご紹介していきます!

六義園の桜花見の見頃、満開時期が気になる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



六義園の桜花見 本数と場所

六義園

まず初めに六義園の桜花見の本数と場所について見ていきたいと思います。

六義園は県外からも多くの観光客が訪れる観光名所で
桜が咲く時期には約20万人近くの人出も発生する人気の花見スポットです。

六義園の桜の本数は約40本が植えられ、
ソメイヨシノや特にシダレザクラが有名な桜の名所でもあります。

六義園の場所は以下地図からも確認することができます。

【場所】〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3

最寄り駅の駒込駅からも徒歩約5分の場所で
アクセスにも優れた庭園、花見スポット。

手ぶらでぶらり桜の旅もできる、
地元だけでなく県外の方にも人気の場所です。

六義園周辺には駐車場もいくつかありますが、
交通の便がしっかりしていますのでアクセスは電車の方がおすすめです。

桜の本数は少ないものの圧巻のシダレザクラを
一目見ようと多くの人出が発生する六義園。

そんな六義園の桜の見頃時期について調べていきます!



六義園の桜花見 見頃はいつからいつまで?

六義園の桜の本数が分かったところで、
見頃はいつからいつまでなのでしょうか。

気になる六義園の桜花見の見頃時期について見ていきたいと思います。

例年の見頃時期と今年2019年の桜の特徴から
見頃時期を調べて比較し情報をまとめていきます。

例年の見頃時期

六義園の例年の見頃時期は3月中旬から4月中旬までになります。
昨年の六義園の桜の見頃時期を調べると、

シダレザクラが3月中旬から見頃に入り
3月最後の週ではすでに葉桜が増え始めています。

六義園の桜の品種は大きく分けて
「ソメイヨシノ」と「シダレザクラ」の2種類になります。

シダレザクラはソメイヨシノよりも
1週間ほど早く開花、見頃を迎える品種と言われており、

まずは六義園のシダレザクラが開花、見頃になり
その後ソメイヨシノが見頃を迎えるという流れになります。

今年2019年の見頃時期

今年2019年の見頃時期を調べてみると、
全体的に暖冬が続き、2月下旬では4月の暖かさが続いたこともあって、

桜の開花は進み、見頃もそれに合わせて前後することが予想されます。

上記の事から今年2019年の六義園の見頃時期は、
例年よりも見頃は早まり、3月中旬から4月上旬までになるかと思います。

六義園の花見におすすめの時期は
シダレザクラがまず見頃を迎える3月中旬から出かけるのが良いでしょう。

特に六義園の夜桜ライトアップ実施期間がおすすめ!
漆黒の闇にライトアップで照らされたシダレザクラは圧巻です。

ぜひ、シダレザクラが見頃、満開を迎える頃に
六義園へ足を運んでみてはいかがでしょうか。



六義園の桜花見 現在の開花状況と開花予想

今年2019年の六義園の桜の見頃時期が分かったところで、
次に六義園の桜花見の現在の開花状況と開花予想について調べていきます。

六義園の桜を代表する「ソメイヨシノ」
「シダレザクラ」の開花情報をまとめていきます。

開花情報と合わせて、いつ見に行くのがベストか、
見頃、満開時期についてもご紹介していきたいと思いますので、

六義園の桜の開花情報が気になる方は参考にしてみてください。



シダレザクラの開花情報

シダレザクラの現在の開花状況と予想についてです。

六義園と言えばシダレザクラ!と
イメージが強いほどシダレザクラの花見が有名です。

このシダレザクラを見るために六義園へ行かれる方が多いほど。
そして、毎年「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」と呼ばれる、

桜まつり、夜桜ライトアップも実施され、
昼間だけでなく、夜の姿も見ることができます。

そんな六義園のシダレザクラの開花情報は、

2019年3月23日現在の開花状況は満開!見頃です。
開花予想は3月中旬前後になるかと思います。

【2019年3月31日更新】

2019年3月31日現在の開花状況は散り始め
見頃は3月下旬から4月上旬までになるかと思います。

シダレザクラの見頃、満開時期に合わせて
「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」も実施されるため、

開花後の3月中旬以降に花見に行かれるのがおすすめです。
昼間だけでなく、夜のシダレザクラも見どころの一つです。

六義園の花見は特にカップルにおすすめのデートスポットで
連日多くのカップルで園内は賑わいます。

六義園のライトアップ情報については記事後半で改めてご紹介していきます。

ソメイヨシノの開花情報

ソメイヨシノの現在の開花状況と予想についてです。

桜の花見の定番と言えばソメイヨシノ。
六義園の園内でも多くのソメイヨシノが植えられています。

ソメイヨシノは桜の開花を計測する代表種で
シダレザクラの方が1週間ほど早い開花になります。

そんな六義園のソメイヨシノの開花情報は、

2019年3月31日現在の開花状況は満開!
開花予想は3月中旬から下旬、見頃は4月上旬までになるかと思います。

例年ソメイヨシノの開花は3月下旬前後ですが、
3月下旬の開花より予想は少し早めになります。

それに伴って見頃、満開時期も早まりますので、
ソメイヨシノを見に六義園へ花見に行かれる方は、

3月下旬、3月最後の週辺りがおすすめの見頃時期かと思います。

六義園の桜花見 満開時期

六義園の桜の開花状況と予想が分かったところで、
六義園の桜花見の満開時期についても情報をまとめていきます。

六義園の桜は、シダレザクラが開花し見頃になり始めて
ソメイヨシノの開花が始まる流れになります。

そのため、それぞれの満開時期に
六義園へ花見に行かれるのも良いかと思いますが、

六義園の桜を見に出かけるおすすめの満開時期は「3月下旬」

3月下旬がシダレザクラ、ソメイヨシノともに
比較的見頃のタイミングに見ることができるためです。

さらに、3月下旬には「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」も実施され、
見頃の桜を見ながら夜桜も楽しむことができます。

おすすめの満開時期に出かけられてみてはいかがでしょうか。

六義園の桜花見 夜桜ライトアップ情報

六義園と言えばシダレザクラとライトアップ!
多くの方がライトアップを目当てに夜に訪れる方が多いほど

六義園の夜桜ライトアップは有名なイベントです。
ここでは六義園の桜花見の夜桜ライトアップ情報についてまとめていきます。

六義園の夜桜ライトアップ

今年2019年の六義園の夜桜ライトアップ情報は以下の通りです。

開催期間:2019年3月21日(木)から4月3日(水)まで
点灯時間:日没から21時まで
※六義園の開花状況によって変動する可能性あり

六義園では「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」と呼ばれる
見頃、満開の時期に合わせて桜まつりが毎年開催され、

漆黒の闇に照らされて映えるシダレザクラを見ることができます。

このライトアップ実施期間の営業時間も
六義園では延長され、21時までライトアップを楽しむことができます。

ぜひ、1年に1度の六義園の花見とライトアップを
大切な人と過ごしたい、とても素敵なスポットになります。



六義園の桜花見 屋台出店情報

六義園の夜桜ライトアップは必見ですが、
もう一つの花見に欠かせないイベントが「屋台出店」

六義園では屋台は出店されるのでしょうか。
六義園の花見シーズンの屋台出店情報を調べていきます。

六義園の花見シーズンでの屋台出店情報を調べてみると
屋台の出店はないようです。実際、花見へ出かけても見かけませんでした。

花見には屋台が欠かせないと考える方も多い中残念ではありますが
ただ!東京都内の人気花見スポットで屋台が出店される場所があります!

それが「靖国神社」の花見シーズン。
靖国神社の屋台出店情報を詳しく知りたい方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 靖国神社の桜花見2019の屋台出店露店の場所は?営業時間やおすすめグルメ、食べ物

六義園の桜花見 混雑状況

六義園の花見シーズンは多くの来場者、
観光客が訪れる人気のスポットであることが分かりましたが、

どれくらい混雑するのか?も気になる方が多いと思います。
ここでは六義園の花見時の混雑状況についても見ていきます。

開花した桜の見頃、満開時期や
見頃が過ぎて葉桜になる時期、夜桜ライトアップ点灯時など

花見シーズンの混雑状況を調べてご紹介していきます。
六義園の混雑が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

桜の見頃、満開時期の混雑状況

桜の見頃、満開時期の混雑状況についてです。

六義園の花見時の混雑状況を調べてみると、

非常に多くの人出で園内は混雑しています!
花見シーズンの例年の人出は約20万人近くが六義園へ訪れ混雑します。

中でも特にカップルの来場が目立ちます。
それは、シダレザクラとライトアップの光景が、

とてもロマンチックで幻想的な空間が広がり、
デートスポットとしてもとても人気が高いためです。

昼間には子供を連れた家族連れや社会人、
大学生の姿もあって、見頃、満開時期は1日中混雑しています。

混雑ピークは夕方以降ライトアップ実施時、
混雑が緩和されるのは午前中になります。

六義園の花見シーズンで混雑が気になる方は参考にしてみてください。

開花から見頃が過ぎた後の混雑状況

開花から見頃が過ぎた後の混雑状況についてです。

開花から見頃が過ぎる時期には
ほとんど花見客の姿はなくなり普段の六義園へ戻ります。

見頃が過ぎるのは4月中旬以降になりますので
素晴らしい日本庭園の六義園をゆっくり楽しみたい方は

桜の花見シーズンを終えて満開も過ぎる頃に出かけるのがおすすめです。

夜桜ライトアップ点灯時の混雑状況

夜桜ライトアップ点灯時の混雑状況についてです。

六義園の花見の見どころはなんと言ってもシダレザクラの夜桜ライトアップ!

この園内のライトアップを目当てに多くの花見客が訪れ
中には県外からの観光客も多いほど必見の花見スポットです。

そのため、六義園は昼間以上に夜の方が混雑します!
枝垂桜の夜桜ライトアップが点灯する期間はほぼ連日混雑しますのでご注意ください。

まとめ

六義園の桜花見2019の見頃時期と開花状況!混雑やライトアップ情報についてまとめてきました。

六義園は、都内屈指の庭園であり、
東京の観光名所としても知られる人気スポットです。

春になれば、約40本植えられた桜が開花し、
見事なシダレザクラとソメイヨシノを目当てに

県内だけでなく県外からも観光客が訪れる有名な花見スポット。
特に夜の夜桜ライトアップは圧巻の姿を見ることができます。

六義園の桜の品種ごとの現在の開花状況や
開花予想から見頃について情報をまとめおすすめの満開時期もご紹介しています。

六義園の桜を見に花見をしたい方は、
見頃、満開時期の情報を参考にお役立ていただけますと幸いです