神田神社の初詣の混雑状況




「神田神社の初詣はどれくらい混雑する?アクセスや駐車場の場所も教えて欲しい!」

神田祭でも有名な東京神田に鎮座する「神田神社」
通称神田明神とも呼ばれ、その歴史は長く多くの人に親しまれます。

元旦、正月三が日の初詣時期に入れば、非常に多くの人が、
参拝に列をなし毎年混雑が予想されます。

今年初めて神田神社の初詣に行かれる予定の方は、
どれくらい混雑するのか?気になる情報かと思います。

このブログでは、神田神社の混雑が気になる方に、
神田神社の初詣の混雑や行き方、アクセス方法と駐車場の場所情報についてご紹介していきます!

神田神社へお正月訪れる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




神田神社の初詣 参拝時間

まず初めに、神田神社の初詣の参拝時間についてご紹介していきます。
2019年(平成31年)の神田神社の初詣の参拝時間は以下の通りです。

正月元日  午前0時 ~ 午後6時
1月2日(水) 午前8時 ~ 午後6時
1月3日(木) 午前8時 ~ 午後6時
1月4日(金) 午前7時 ~ 午後7時
1月5日(土) 午前8時 ~ 午後6時

正月元日のみ午前0時より開門し参拝することが出来ます。
以降正月三が日にあたる日は午前8時からの参拝で、

4日は午前7時からご祈祷することが出来ますので、
正月三が日を逃した方は、朝早くに出かけることも出来ます。

東京都内の初詣スポットで人気の高い神田神社。
混雑はどれくらい発生するのでしょうか。

神田神社の混雑状況に加えて、アクセス方法や
駐車場情報も次からご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。




神田神社の初詣 混雑状況

それでは早速神田神社の初詣の混雑状況について見ていきたいと思います。
神田神社の初詣、年末年始の混雑状況を調べるために、

・年末、年の瀬の混雑状況
・正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況
・正月三が日以降の混雑状況

上記の混雑状況に加えて、参拝客数や最寄り駅などの
混雑、待ち時間についても調べてご紹介していきます。

年末年始、元旦に神田神社へ参拝に行かれる予定の方、
神田神社の初詣の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。




参拝客数、人出情報

まず参拝客数、人出情報についてです。

参拝客、観光客数は混雑状況を調べる上で
重要なバロメーターとなっており、数値から混雑が見えてきます。

神田神社の正月三が日の参拝客数は、
約30万人以上の人出が発生すると言われています。

神田神社の元旦には「歳旦祭」と呼ばれる
イベントも開催され多くの人出で三が日は賑わいます。

実際の混雑状況はどれほどのものなのでしょうか。
次から混雑状況を見ていきたいと思います!

年末、年の瀬の混雑状況

次に年末、年の瀬の混雑状況についてです。

年末31日の深夜の時間帯はほとんど人混みはなく、
静かな神田神社が参拝者を招いてくれます。

元旦の朝、早朝の時間帯から徐々に人混みは増えていきますので、
年明け後の元旦が混雑回避のおすすめの時間帯です。

早い時間帯でも都合がつく方は参拝に行かれてみてはいかがでしょうか。

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況

正月三が日(1日、2日、3日)の混雑状況についてです。

元旦、正月三が日はとにかく混雑します!

神田神社の境内は他神社に比べて面積が少ないですが、
初詣シーズンはとにかく参拝者で人口密度が高いです。

特に元旦、2日は他に比べて人が多い印象です。
そして、時間帯は朝から昼過ぎにかけてずっと混んでいます。

正月三が日に参拝されたい方は、夕方以降の時間帯が良いかと思います。

正月三が日以降の混雑状況

正月三が日以降の混雑状況についてです。

正月三が日以降は混雑もピークが過ぎ去り、
人混みもいつもの通りに戻っています。

ただ、正月三が日翌日の4日、5日や
土日はまだ人混みは見られ、境内も混雑している時があります。

正月三が日、次の土日明けの月曜から
混雑は徐々に緩和されていくかと思いますので、

特に初詣の日程にこだわりがない方は、
月曜以降に行かれるのでも良いかと思います。

最寄り駅の混雑状況

最寄り駅の混雑状況についてです。

神田神社の最寄り駅は「御茶ノ水駅」もしくは「末広町駅」になります。

いくつかの最寄り駅から近い場所にありますので、
駅周辺での混雑はあまり見かけませんでした。

ただ、神田神社まで続く道のり、参道は細い道が続きますので、
道が狭く、人の渋滞、行列は発生していますので、到着するまでに時間がかかります。;

最寄り駅から神田神社まで徒歩約10分程度の距離ですが、
初詣当日はその倍以上の時間はかかると見込んでおいた方が良いでしょう。

神田神社の初詣 混雑回避の方法

神田神社の初詣の混雑状況が分かったところで、
結局、いつ行ったら混雑にあわずに済むのか?知りたいのは混雑回避方法だと思います。

次に神田神社の初詣の混雑回避の方法について見ていきたいと思います。

実際神田神社の初詣時に行ってみての感想と、
調べてみての情報をもとに検証した結果、混雑回避は、

・昼過ぎ、夕方の時間帯に参拝する!
・正月三が日から次の土日以降に参拝に行く!

神田神社の正月三が日はとにかく混雑します。
そして、三が日過ぎても土日までは混雑します。

そのため、土日過ぎた月曜から徐々に混雑は緩和していきますので、
混雑が苦手で、初詣の日程もいつでも良い方は月曜以降が良いかと思います。

また、正月三が日に行きたい方は、夕方の時間帯がおすすめです。
今年神田神社へ初詣に行く予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。




神田神社の初詣 行き方、アクセス方法

神田神社までの行き方、アクセス方法についてご紹介していきます。

神田神社までのアクセス方法でおすすめなのが電車です。
最寄り駅もいくつかあり、非常に便利であるためです。

ただ、初詣は車でアクセスしたい!という方もいるかと思いますので、
駐車場の場所情報については、記事後半にてご紹介していきますので、

ここでは、最寄り駅から神田神社までの行き方、
アクセスルートをご紹介していきます。

利用しやすい最寄り駅からの行き方を参考にして、
当日の初詣までのアクセスにお役立てください。




御茶ノ水駅から神田神社までのアクセス方法

御茶ノ水駅から神田神社までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

御茶ノ水駅に降り立ったらまずは「聖橋」を目指します。
橋を渡ったら「史跡湯島聖堂」を横目にして直進し、
17号線を右へ進めば左手奥に神田神社の鳥居が見えてきます。

末広町駅から神田神社までのアクセス方法

末広町駅から神田神社までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

末広町駅の3番出入口を出て、
蔵前橋通りをしばらく直進します。

しばらく進むと「新神田ビル」が右手に見えてきますので、
そのビルの隣が神田神社裏参道となっており、
階段を進むと裏手から神田神社につながっています。

秋葉原駅から神田神社までのアクセス方法

秋葉原駅から神田神社までのアクセス方法についてです。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

秋葉原駅は比較的大きな駅になります。
出入口も多いのですが、「電気街口」から出ることにしましょう。

電気街口から直進すると14号線神田神社下交差点に突き当たります。
14号線に入れば後は御茶ノ水駅からのアクセス方法と同じく、

しばらくしたら神田神社の鳥居が奥手に見えてきます。

神田神社の初詣 駐車場の場所

神田神社まで車で行かれる方も多いかと思います。
ここでは神田神社の初詣で利用したい駐車場の場所についてご紹介していきます。

神田神社には参拝者専用の駐車場が、
境内にはありませんので、民間の駐車場を利用することになります。

神田神社の最寄り駅周辺の駐車場をいくつかご紹介していきます。
アクセス方法については、駐車場から最寄り駅まで進み、

その後は先ほどご紹介したアクセスルートを参考にしてみてください。
車で初詣に行かれる予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

御茶ノ水ソラシティ駐車場

【場所】〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目6
【料金】300円/30分
【営業時間】7:00~21:00
【収容台数】125台

御茶ノ水駅の南側に位置する駐車場、
「御茶ノ水ソラシティ駐車場」

駅から南口側にありますので、
若干神田神社から遠のきますのが、

御茶ノ水駅にはそもそも駐車場が少なく、
御茶ノ水ソラシティ駐車場ほどの収容台数を誇る駐車場がありませんので、

御茶ノ水駅周辺で駐車場を探している方は非常におすすめの駐車場です。
駐車料金もそれほど高くないはないのもメリットの一つです。

偕楽モータープール駐車場

【場所】〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目5-3
【料金】200円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】40台

末広町駅周辺にある駐車場、
「偕楽モータープール駐車場」

末広町駅周辺には大きな駐車場がなく、
偕楽モータープール駐車場は比較的大きな駐車場になります。

24時間営業でいつでも入出庫可能なのがメリット。
時間を気にせず停めたい方にはおすすめの駐車場です。

秋葉原ダイビル駐車場

【場所】〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18-13
【料金】300円/30分
【営業時間】7:00~23:00
【収容台数】112台

秋葉原駅周辺にある駐車場、
「秋葉原ダイビル駐車場」

秋葉原は駅も大きく人通りも多い街ですので、
駐車場も規模の大きい駐車場がいくつもあります。

秋葉原であれば駐車場の満車に可能性も低く、
気軽に停めることが出来ますので、秋葉原駅を目指して走行するのが良いかもしれません。

まとめ

神田神社の初詣の混雑や行き方、アクセス方法と駐車場の場所情報についてご紹介してきました。

神田神社は、元旦に「歳旦祭」と呼ばれるイベントが行われ、
多くの人出が発生する人気の初詣スポットです。

正月三が日から土日までは非常に混雑しています。
特に元旦はひどい混雑で参道が人で見えないほどです。

混雑が苦手な方は、土日明けの月曜から行かれるのがおすすめで
アクセス方法についても電車がおすすめです。

最寄り駅がいくつも近くにありますので、
道路の渋滞や駐車待ちを気にする必要がありません。

また、神田明神の例大祭「神田祭」の
日程や混雑状況について知りたい方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 神田祭(神田明神)2019の日程スケジュールと神輿や神幸祭の見どころ情報

⇒ 神田祭(神田明神)2019の混雑や交通規制、来場者数情報と物販の行列、待ち時間

神田神社へ初詣に行かれる予定の方は、
事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。