名古屋祭り2018の混雑や交通規制、渋滞、車両通行止めの場所は?駐車場情報




「名古屋まつりへ遊びに行きたいけど、混雑や渋滞が気になる…」

年に一度、愛知県名古屋市内で開催される秋の大祭「名古屋まつり」

見事な山車からくりをはじめ、ご当地アイドルによるライブ、
パレードやものまね芸人登場など様々なイベントが開催される名古屋まつり。

そんな人気の名古屋祭りだからこそ、気になるのが「混雑状況」ではないでしょうか。

このブログでは、名古屋祭りに遊びに行きたい方に、
名古屋祭りの混雑や交通規制、渋滞、車両通行止めの場所は?駐車場情報についてご紹介していきます!

名古屋祭りの混雑が気になる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



名古屋祭り 今までの混雑状況について

まず初めに、名古屋祭りの今までの混雑状況について見ていきたいと思います。

名古屋まつりの開催日は、2018年10月20日(土)、21日(日)の2日間になります。
2日間で数十万以上の観光客が集まり、名古屋の秋祭りを楽しみます。

そんな名古屋まつりの今まで開催されてきた混雑状況ですが、

非常に混雑が発生しているようです!
さらに、地元の声として年々人出が増えているように感じるという情報がありました。

名古屋に注目が集まり、名古屋まつりにも人出が増えているのでしょうか。
嬉しい反面、混雑しすぎるのも苦手な方にとってはストレスにもなりますね。

それでは今年の名古屋まつりの混雑予想はどれほどのものでしょうか。
次に、混雑予想についても見ていきたいと思います!



名古屋祭り 混雑予想について

今まで開催されてきた名古屋まつりの混雑状況は分かったところで、
次に、今年の名古屋祭りの混雑予想についてです。

今年開催の名古屋まつりの混雑予想を調べると

例年開催されてきて常に混雑しているので今年も混雑が予想されます。
地元の方の声としても混雑が発生する予想が多いようです。

さらに、名古屋祭り開催日の天気予報を調べてみると

開催日の10月20日(土)、21日(日)の2日間とも晴れマークです!
雨より晴れの方が客足は増えますので、混雑が予想されます。

しかし、天気予報は開催日当日まで分かりません。
当日になって雨になることもありますので、最新の天気予報はこのブログでも配信していきたいと思います。

また、開催日の気温にも注目していただきたいのですが、
最低気温が13度前後と肌寒いです。お祭りは基本屋外での開催のため、

夜になるとさらに体感温度は下がります。しっかり寒さ対策を取って、
風邪を引かないように気を付けることを心掛けてください。



名古屋祭り 道路の渋滞状況について

名古屋まつりの混雑状況が分かりました。
中には名古屋まで車でアクセスする方も多いかと思いますが、渋滞も気になりますよね。

名古屋祭りの道路の渋滞状況について見ていきたいと思います。

名古屋まつり開催日の道路の渋滞状況を調べてみると、

非常に渋滞が発生しているようです…
人出で混雑が起きれば道路も渋滞するのは当然ですね。

名古屋まつりへ県外から観光に来られる方も車、レンタカーを利用するケースが多いかと思います。
さらに、地元の人も車利用で移動される方が多いかと思います。

名古屋まつり開催日は上記の通り、非常に渋滞も発生しますので、
車に乗る場合は、注意が必要です。

渋滞が発生する理由の1つに「交通規制」の実施があります。
次に、名古屋まつりの交通規制の場所についても見ていきたいと思います!



名古屋祭り 交通規制・車両通行止めの場所について

名古屋祭りの交通規制・車両通行止めの場所についてご紹介していきます。

名古屋まつり開催日の交通規制や通行止めは実施されます。
実施範囲も広範囲にわたり、開催日ごとに実施区域が異なります。

それぞれの交通規制の場所を見ていきたいと思います。
車利用の方、車でアクセスする方は事前に場所を把握されておくことをおススメします。



10月20日(土)の交通規制、車両通行禁止場所

10月21日(日)の交通規制、車両通行禁止場所

名古屋祭りで利用したい駐車場の場所について

車で名古屋まつりまでアクセスする方で、交通規制や車両通行止めの他に
知っておきたい情報が「駐車場の場所」ではないでしょうか。

ここでは、名古屋祭りで利用したい駐車場の場所についてご紹介していきます。
駐車場の場所を事前に把握されておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

エスカ駐車場

【場所】〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町6-9先
【料金】320円/30分
【営業時間】6:00~24:00(年中無休)
【収容台数】295台

駅直結の地下駐車場。
名古屋駅に停めて名古屋まつり会場まで電車で行くことも可能です。

駐車料金が高め、かつ営業時間に縛りがあるのがデメリット。
しかし、収容台数も多いので満車になることは難しいかと思います。

ニッセイ名古屋駅西ビル駐車場

【場所】〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町6-9
【料金】230円/30分
【営業時間】9:30~21:30
【収容台数】57台

収容台数が少ないため、満車になる可能性が高いです。
しかし、駐車料金が安価ですのでメリットあり。

JPタワー名古屋駐車場

【場所】〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅1丁目1
【料金】320円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】369台

収容台数も多く、24時間営業なのが嬉しい!
料金は高めの設定ですが、駅近でいつでも出庫出来るのはメリット大きいですね。

まずは、JPタワー名古屋駐車場での駐車を目指してアクセスすることをおススメします。

まとめ

名古屋祭りの混雑や交通規制、渋滞、車両通行止めの場所は?駐車場情報についてご紹介してきました。

名古屋祭りは、年々人出も増え非常に人気の秋の祭りです。
そのため、毎年混雑はもちろん道路の渋滞も発生しています!

混雑発生の原因の交通規制、通行止めの場所を示した地図はご紹介していますので、
事前に把握して、迂回がないよう渋滞を避けながら走行することをおススメします。

また、名古屋まつり以外の愛知開催の祭りで
混雑や交通規制情報を知りたい方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 熱田祭り2019の混雑や渋滞、交通規制、通行止めの場所と駐車場情報

名古屋まつりへ参加予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。