熱田祭り2019の混雑や渋滞、交通規制、通行止めの場所と駐車場情報




「熱田祭りに参加してみたいけど、混雑、交通規制が気になる…」

名古屋の熱田神宮で行われる例祭「熱田祭り」

熱田神宮では年間を通して様々な行事が執り行われる中
この熱田祭りは最も重要な祭事として有名です。

そのため、一目見ようと県外からの観光客も多く
花火も打ちあがるなど内容の充実したお祭りになります。

参加してみたいけど「どれくらい混雑するのか?」混雑や交通規制情報は気になる情報です。

このブログでは熱田祭りの混雑、交通規制が気になる方
熱田祭り2019の混雑や渋滞、交通規制、通行止めの場所と駐車場情報についてご紹介していきます!

熱田祭りへ遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



熱田祭り 混雑状況

まず初めに熱田祭りの混雑状況について見ていきたいと思います。

熱田祭りは毎年6月5日と前夜祭の2日間開催されます。
5日が本祭にあたり、奉納踊りや見どころの花火が打ちあがります。

5日の方が人出は増えますが、前夜祭でも
どれくらい混雑や渋滞は発生するのか、参加予定の方は気になる情報です。

ここでは、そんな前夜祭や花火打ち上げ時
駐車場、最寄り駅周辺なども混雑具合を調べてご紹介していきます。

熱田祭りの混雑が気になる方は、参考にしてください。



来場者数、入場者数情報

初めに来場者数、入場者数情報についてです。

お祭りやイベントでの来場者数、入場者数を調べることで
混雑を測る上でのバロメーターとしての役割になります。

熱田祭りの来場者数を調べてみると
例年約25万人近い人出が記録されています。

数字からも人気のお祭りであることがうかがえます。
それでは、平日や土日祝の混雑状況について調べていきます!



熱田神宮の混雑状況

まず熱田神宮の混雑状況についてです。

熱田祭りが開催される熱田神宮。
普段は地元の方にも親しまれ、初詣でも多くの参拝者が足を運ぶ神社です。

そんな熱田神宮の混雑状況を調べてみると

前に進むのもやっとなほど人混みでごった返しています。
特に熱田神宮の参道、屋台周辺は混雑必須。

朝や昼前後は大きな混雑は見られませんが
夕方になると、仕事帰りの会社員も増えて一気に人出は増えて混雑します。

熱田神宮は初詣とこの熱田祭りの時が
特に混雑するほど、地元の方にとって有名なお祭りで

熱田祭りに参加したらほぼ100%知り合いに遭遇するほど人気です。

前夜祭の混雑状況

次に前夜祭の混雑状況についてです。

熱田祭りでは前夜祭も開催され
昼過ぎからは屋台も出店され、お祭りムードが広がります。

前夜祭の混雑状況を調べてみると

前夜祭も本祭と変わらず多くの人出で賑わい混雑します。

前夜祭は夕方から徐々に人混みが見られます。
屋台も出店され始めますので、屋台目当てに訪れる方が多いようです。

熱田祭りだけを堪能したい方は前夜祭に訪れるのが良いかもしれません。

本祭はこの前夜祭の混雑の倍くらいは発生します。
前夜祭と本祭の日程や祭事内容を事前に知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 熱田祭り(名古屋)2019の日程や前夜祭、花火大会の時間と会場までのアクセス

花火大会の混雑状況

花火大会の混雑状況についてです。

熱田祭り最大に見どころが「花火」
6月5日の夕方から約1,000発もの花火が打ちあがります!

愛知の夏祭りを先取りできるチャンスでもあり
多くの来場者が県外からも訪れひどい混雑が起きます。

熱田祭りの花火大会時の混雑状況は

熱田神宮はもちろん、花火打ち上げから近い橋にも多くの人出で混雑必須!

この花火打ち上げ時が最も混雑します。
そして、最も混雑するのは花火が終了した後の時間帯。

花火観覧後に一斉に同じ方向へ帰りますので
混雑と人の列で渋滞し最寄り駅や駐車場までもひどい混雑が起きます。

さらに、花火打ち上げ場所周辺では
広範囲に交通規制、通行止めも実施され、道路の渋滞も発生します。

少しでも花火混雑を避けたい方は
終了時間の少し前に帰るのが混雑回避につながります。



屋台出店の行列、混雑状況

屋台出店の行列、混雑状況についてです。

熱田祭りでは非常に多くの屋台が出店されるのでも有名です。

そんな屋台を目当てに熱田祭りへ訪れる方も多く
熱田神宮周辺に屋台は出店されるため、混雑もひどい状況になります。

なかには人気の屋台では商品が早々に売り切れ
営業時間前に閉める出店もあるほどです。

気になる屋台を見かけたらぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

熱田祭りの屋台の出店場所や営業時間、
美味しい食べ物など詳しい出店情報を知りたい方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 熱田祭り2019の屋台出店露店の場所や営業時間、おすすめグルメ、食べ物

最寄り駅周辺の混雑状況

最寄り駅周辺の混雑状況についてです。

熱田祭りのアクセス方法で電車を使う方が多いです。

それは、熱田神宮からすぐの場所に最寄り駅があり、
徒歩10分でアクセスできる距離にあるためです。

最寄り駅「神宮前駅」の混雑状況を調べてみると

最寄り駅の混雑状況が東京ディズニーリゾートの最寄り駅「舞浜駅」と同じくらい混雑する、というコメントも見かけるほど混雑します。

また、正月とこの熱田祭りが特に混雑するようで
混雑が苦手な方は、この期間だけは最寄り駅は利用しない方も多いようです。

今年は平日に開催されますので、仕事帰り
神宮前駅を利用される方は、混雑には十分ご注意ください。

駐車場の渋滞、混み具合

駐車場の渋滞、混み具合についてです。

熱田祭りまで電車ではなく、車を使ってアクセスしたい方も多いかと思います。

駐車場の渋滞、混み具合についても調べてみると

熱田神宮周辺の駐車場はほとんどが満車で
空いた駐車場を探すのに1時間かかった情報もあがっています。

さらに熱田神宮周辺や花火打ち上げ場所周辺では
交通規制、通行止めも実施されるため、道路も渋滞必須です。

そのため、車でのアクセスは控えて
電車などの公共交通機関を利用してアクセスされるのがおすすめです。

しかし、諸事情により車でないとアクセスできない方もいるかと思いますので
記事後半で駐車場の場所情報もまとめていますので、参考にしてください。

熱田祭り 今年2019年の混雑予想

熱田祭りの混雑状況が分かったところで、
今年2019年開催の熱田祭りの混雑予想について調べていきます。

年間行事の多い熱田神宮の祭事の中でも
特に有名で人出も発生する人気のお祭り「熱田祭り」

例年約25万人の人出を記録し、例年並みもしくは
それ以上の混雑が予想されますが、来場者数に影響する熱田神宮周辺の天気予報を調べてみると

名古屋の天気予報

熱田祭りが開催される6月4日、5日の2日間は晴れ!雨は降らない予報になっています。

雨の日が続けば、客足は鈍り来場者数は減る傾向にあり
結果、混雑緩和につながることが考えられますが、

晴れの日が続けば、お祭り日和で混雑も発生しやすくなります。

ただ、天気は当日急変する可能性もあり
熱田祭り周辺の天気予報は随時情報を更新していきます。

混雑予想は道路の渋滞にも影響しますので
熱田祭りの混雑予想や天気予報が気になる方はぜひチェックしてみてください!



熱田祭り 道路の渋滞状況

熱田祭りまで車でアクセス予定の方は
「道路の渋滞状況」も事前に知っておきたい情報です。

ここでは熱田祭りの道路の渋滞状況について見ていきたいと思います。

熱田祭りの道路の渋滞状況を調べてみると

熱田神宮でもひどい混雑が起きますので
周辺の道路では渋滞は必須で起きてしまいます。

渋滞が起きるのは夕方の時間帯。
特に花火打ち上げ終了後の午後9時前後は渋滞ピークです。

そのため、仕事帰りで車を利用される方は注意が必要です。

渋滞が発生してしまう原因には、
車でアクセスする方が増えて交通量が増加することも考えられますが

熱田祭り期間中に実施される「交通規制」も原因の一つに考えられます。

普段から車を利用される方、仕事から車で帰る方は
熱田祭り開催前に交通規制情報は必ず確認しておくことをおすすめします。

次に熱田祭りの交通規制、通行止め情報についてまとめていきます。

熱田祭り 交通規制、通行止め情報

熱田祭りの交通規制、通行止め情報についてご紹介していきます。

熱田祭りでは例年交通規制が実施されます。
交通規制、通行止めが実施されるのは「熱田神宮」「熱田神宮公園」の2か所。

具体的な交通規制の実施場所と日時について次にまとめていきます。



交通規制図

以下熱田祭りの交通規制図についてです。

実施日時と注意事項

交通規制の実施日時と注意事項についてです。

規制日時:6月5日
注意事項:熱田神宮の駐車場は利用不可

以下、交通規制の区域ごとの規制日時をまとめていきます。

橙色:通行禁止 17:00~21:30
緑色:通行禁止 18:30~21:30
黄色:駐停車禁止 18:30~21:30
花火打上周辺:通行禁止 18:30~21:30

熱田祭りの交通規制のポイントは、
・6月5日の本祭のみ交通規制が実施される
・車両の通行止めは花火打ち上げに合わせて実施
・全ての規制が終了するのは21時半

以上のことから、車でのアクセスは控えるのが吉です。
そして、仕事柄車を利用される方は、交通規制が解除される21時半以降に運転するのが良いかと思います。

ただ、交通規制が解除されてもしばらくは道路は渋滞します。
う回路を見つけるか、熱田祭り当日は早々に退社するか、工夫する必要はありそうです。

熱田祭り 駐車場の場所

先ほど交通規制情報をご紹介しましたが
どうしても車でアクセスしたい方に駐車場の場所をいくつかご紹介していきます。

熱田神宮には参拝者用に駐車場が準備されていますが
交通規制の注意事項にも駐車場は利用できないことが明示されています。

そのため、周辺の駐車場を利用することになります。
ただ、駐車場は満車になる可能性は高く、そもそも駐車場の数も少ないです。

いくつか駐車場情報をまとめていきますので
車でアクセス予定の方は、参考にしてください。

また、駐車場情報を見てみて、電車などの
公共交通機関でのアクセスも検討してみてはいかがでしょうか。

名鉄協商パーキング神宮西口(440台)

【場所】〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮3-6-34
【料金】300円/60分
【営業時間】07:00-22:00
【収容台数】440台

最寄り駅の神宮前駅からすぐの場所にある駐車場「名鉄協商パーキング神宮西口」

周辺の駐車場の中では最も収容台数が多い駐車場。
普段熱田神宮の参拝に訪れる方も利用する場所になりますが

熱田祭り開催では早々に満車になる可能性が非常に高いです。

交通規制、通行止めの影響も受けますので早い時間帯から確保しておくのが良いでしょう。

MAYパーク玉の井 駐車場(10台)

【場所】〒456-0021 愛知県名古屋市熱田区夜寒町14-21
【料金】100円/30分
【営業時間】24時間
【収容台数】10台

花火打ち上げ場所の熱田神宮公園近くの駐車場「MAYパーク玉の井」

営業時間が24時間が魅力的ですが
収容台数が10台と極めて少なく、早々に満車となります。

ただ、周辺の駐車場の収容台数は
10台前後がほとんどですので、駐車場の多い地域に停めて電車でアクセスするのが良いかと思います。

JPタワー名古屋駐車場(369台)

【場所】〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅1-1
【料金】320円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】369台

名古屋駅近くの駐車場「JPタワー名古屋駐車場」

収容台数も多く、24時間営業がメリット。

料金は高めの設定ですが、
駅近でいつでも出庫出来るのはメリット大きいですね。

名古屋駅から神宮前駅までは電車でわずか8分。
交通規制、通行止めの影響も受けないパークアンドライドもおすすめのアクセス方法の一つです。

まとめ

熱田祭り2019の混雑や渋滞、交通規制、通行止めの場所と駐車場情報についてご紹介してきました。

熱田神宮の例祭であり有名なお祭り「熱田祭り」

例年約25万人近い人出も記録し
県外からも観光客が訪れるほど人気のお祭りになります。

熱田祭りでは前夜祭から混雑が見られます!
特に本祭の花火打ち上げ時はひどい混雑と渋滞。

さらに、交通規制も実施され、
車利用者は交通規制の日時と通行止めの場所は事前に把握されておくことをおすすめします。

駐車場情報もいくつかご紹介していますが
電車利用もしくはパークアンドライドのアクセス方法がおすすめです。

また、熱田祭り以外の愛知の祭りで
混雑や交通規制情報が気になる方は、以下ブログ記事もご覧ください!

⇒ 一宮七夕祭り2019の混雑や交通規制、通行止めの場所と駐車場、シャトルバス情報

今年2019年に熱田祭りへ参加予定の方は
混雑、交通規制情報を参考に愛知観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。