「津まつりに参加したいけど混雑や渋滞が気になる…」

三重県津市で開催される約380年もの歴史を有する「津まつり」

有名かつ人気の津まつり、県外からも多くの観光客が訪れ、
津まつりの伝統芸能やお祭り、イベントに酔いしれます。

そんな人気の津まつりだからこそ気になるのが「混雑」や「渋滞」状況。

このブログでは、津まつりに遊びに行きたい方に、
津まつりの混雑や交通規制、渋滞、通行止めの場所は?駐車場情報についてご紹介していきます!

津まつりの混雑が気になる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



津まつり 今までの混雑状況について

まず初めに、津まつりの今までの混雑状況について見ていきたいと思います。

津まつりの開催日は、2018年10月6日(土)、7日(日)も2日間になります。
約380年もの由緒ある歴史を有し、様々な催しも執り行われる人気のお祭りです。

そんな津まつりの混雑状況ですが、

例年多くの観光客が訪れますので、混雑が発生しています。
津まつりが開催される日は混雑が起きるので、地元の人は混雑回避を取っているようです。

津まつりへ参加予定の県外の方は、混雑具合に驚かれるかもしれません。
例年混雑が起きる津まつりですが、今年の混雑具合はどれくらいなのでしょうか。

次に、今年の津まつりの混雑予想について見ていきたいと思います!



津まつり 混雑予想について

津まつりの混雑予想について見ていきたいと思います。

今年の津まつりの混雑予想は、

すでに混雑発生の予想がいくつも発表されています。
地元の方だけでなく、県外から津まつりへ参加予定の方は注意が必要です。

特に、津まつりが開催される三重県津市まで車でアクセスする方は、
混雑に加えて、道路の渋滞も予想されますので、

道路状況を確認しながら必要に応じて下道を走ったり、迂回したりして、
目的地の会場までアクセスした方が効率的かもしれません。

そんな津まつり開催時の道路状況はどうなっているのか?
道路の渋滞予想についても見ていきたいと思います!



津まつり 道路の渋滞予想について

津まつりの道路の渋滞予想について見ていきたいと思います。

天気に恵まれない開催日でも混雑は予想され、
渋滞や高速道路の渋滞も予想が出ています。

三重県までは車でなくても新幹線や飛行機など公共交通機関を利用して、
アクセスすることが出来ますので、道路渋滞を鑑みたら公共交通機関利用の方がよいかもしれません。

これから津まつりへ遊びに行く予定の方は、アクセス方法は
いくつか候補を上げて考え直して検討してみてもよいかもしれません。

それでも車でアクセスする方で気になるのが「交通規制」の場所ではないでしょうか。
次に、津まつりの交通規制、通行止めの場所についてご紹介していきます。



津まつり 交通規制・通行止めの場所について

津まつりの交通規制・通行止めの場所についてご紹介していきます。

津まつりの最大の見所ともいえる「和船山車」が津市のメイン通りを練り歩くため、
一時的に道路を出し物で優先させるため、交通規制が実施されます。

津まつりの交通規制の実施状況ですが、

イベント、パレードが開催される道路、メイン通りでは交通規制が実施されています。
和船山車以外にも「高虎時代絵巻」や「大パレード」など街をあげてのお祭りが数多く見られます。

津市の道路を大いに活用した出し物が多いため、交通規制、通行止めも広範囲で実施されますが、
交通規制、通行止めの場所は、以下の通りで開催されます。

お城西公園周辺、フェニックス通りや裁判所前通り、市役所東側通りなどの
メイン通りで交通規制が実施され、開催日に応じて実施時間帯も異なるようです。

10月6日(土) 7:00~22:00
10月7日(日) 7:00~22:30

この時間帯は交通規制の対象になりますので、車利用の方はご注意ください。

津まつりで利用したい駐車場の場所について

津まつりの混雑状況や交通規制の場所をご紹介してきました。

津まつりまで車でアクセスしたい、しないといけない方も多いかと思いますが、
車でアクセスする場合、駐車場情報も必要になります。

ここでは、津まつりで利用したい駐車場の場所についてご紹介していきます!

駐車場の場所を事前に把握しておかなければ、迂回の原因や
駐車までに時間がかかり、お祭り参加が遅れる原因にもなりますので、

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

NPC24H津新町パーキング

【場所】〒514-0042 三重県津市新町1丁目4 新町1-4-27
【料金】200円/60分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】45台

津まつり開催の最寄り駅にあたる津新町駅周辺の駐車場。

収容台数も多く24時間営業ですので、気にせず停めることが出来ます。
他の駐車場に比べて収容台数が多いのがメリット。

まずはこの駐車場を見に来て停めれれば駐車するのがおススメです。

ティーファス津新町第1P

【場所】〒514-0042 三重県津市新町1丁目1丁目11-11番
【料金】100円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】17台

同じく津新町駅周辺の駐車場。
収容台数が少なくなり、狭めの駐車場ですが、駅周辺の駐車場では

比較的広めの駐車場になりますので、こちらも次に見に来るので良いかと思います。

名鉄協商津新町第3 駐車場

【場所】〒514-0035 三重県津市西丸之内5 西丸之内74
【料金】100円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】17台

ティーファス津新町第1Pと同じ規模の駐車場。
収容台数は少な目ですが、24時間営業の駐車場がほとんどですので、

時間を気にすることなくお祭りを楽しめるのはメリットです。

津まつりの混雑状況や交通規制、渋滞、通行止めの場所は?駐車場情報 まとめ

津まつりの混雑状況や交通規制、渋滞、通行止めの場所は?駐車場情報についてご紹介してきました。

津まつりは、約380年もの歴史を有する由緒あるお祭りです。
そのため非常に人気も高く、県外からも多くの観光客が訪れます。

人気が高く観光客も多ければ、混雑、渋滞は発生しやすくなります。
この津まつりでも混雑は例年発生しており、今年も混雑予想が出ています。

さらに、道路、高速道路の渋滞も発生しやすくなりますので、
車でアクセス予定の方は、注意が必要です。

津まつりに参加予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。