淀川河川公園背割堤地区の桜花見2019の開花状況と見頃満開時期!駐車場と混雑




「淀川河川公園背割堤地区の桜の開花状況や花見の見頃、満開時期を教えて欲しい!」

京都の木津川と宇治川を分ける「背割堤」
この「淀川河川公園背割堤地区」は桜の名所としても知られ、

桜の開花から見頃時期には
多くの花見客、観光客で賑わい会場は混雑も見られるほど人気の花見スポットです。

そんな淀川河川公園背割堤地区へ
桜を見に花見に出かけたい方は、桜の開花状況や見頃、満開時期は事前に知りたい情報かと思います。

このブログでは、淀川河川公園背割堤地区の桜を見に花見をしたい方に、
淀川河川公園背割堤地区の桜花見2019の開花状況と見頃満開時期!駐車場と混雑についてご紹介していきます!

淀川河川公園背割堤地区の桜花見の見頃、満開時期が気になる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



背割堤さくらまつり 開催情報

淀川河川公園背割堤地区

まず初めに背割堤さくらまつりの開催情報について見ていきたいと思います。

桜の見頃、満開時期になれば
例年約50万人近い花見客が訪れる桜の名所「淀川河川公園背割堤地区」

淀川河川公園背割堤地区では、
桜の開花と見頃時期に合わせて「背割堤さくらまつり」が開催されます。

約220本のソメイヨシノを中心に
桜の木が植えられ満開になれば見どころの「桜のトンネル」は圧巻の光景です。

そんな背割堤さくらまつりの
開催期間や駐車場の場所、アクセスなど情報をまとめていきます。

今年2019年に背割堤さくらまつりへ遊びに行きたい方は参考にしてみてください。



開催期間はいつからいつまで?

まず背割堤さくらまつりの開催期間についてです。

背割堤さくらまつりの開催期間は、
2019年3月30日(土)から4月7日(日)までの約1週間開催されます。

桜まつりは、今後の桜の開花状況や
見頃時期に合わせて開催されるため変更になる可能性があります。

開催期間に変更が入りましたら、
このブログでも速やかに情報を更新していきます。



開催会場とアクセス方法

次に背割堤さくらまつりの開催会場とアクセス方法についてです。

背割堤さくらまつりの開催会場は「淀川河川公園背割堤地区」
淀川河川公園背割堤地区の場所は以下地図からも確認することができます。

【場所p】〒614-0000 京都府八幡市

京都の木津川と宇治川を分ける「背割堤」で開催され
アクセス方法は車もしくは電車が便利です。

最寄り駅は「八幡市駅」。会場まで
徒歩約15分程度になりますが、途中開花した桜並木や自然豊かな木津川を眺めることができ

所要時間を感じないアクセスルートです。
電車と徒歩でも比較的アクセスしやすい場所に花見会場が設けられています。

駐車場の場所

背割堤さくらまつりで車でアクセスしたい方も多いかと思いますが、
花見会場に駐車場の準備はあるのでしょうか。

背割堤さくらまつりの開催に合わせて、
臨時の駐車場の準備はありません。

最寄り駅周辺の有料駐車場に停める必要がありますが、
収容台数に限りがあり、駐車場も多くはないため早々に満車になる可能性が高いです。

そのため、電車でのアクセスがおすすめです。
しかし、車でないとアクセスできない方もいるかと思いますので、

周辺のおすすめ駐車場情報を以下記載しておきますので参考にしてみてください。

■八幡市営駐車場

【場所】〒614-8001 京都府八幡市八幡松原科手115
【料金】100円/60分
【営業時間】24時間
【収容台数】72台

見どころとイベント内容

背割堤さくらまつりの見どころとイベント内容についてです。

背割堤さくらまつりでは、
淀川河川公園背割堤地区の桜の花見だけでなく、

必見の見どころや多彩なイベントが催されるのも人気の理由。
背割堤さくらまつりの見どころを一部ご紹介すると

・約1.4kmにわたって伸びる桜のトンネル
・マルシェ開催予定
・屋台グルメの出店

この中でも約220本の桜が開花し満開に咲き誇る
「桜のトンネル」は必見!散策必須の見どころです。

淀川河川公園背割堤地区は
見どころ満載のぜひ足を運びたい人気の花見スポットです。

淀川河川公園背割堤地区の桜花見 見頃、満開時期はいつからいつまで?

淀川河川公園背割堤地区の桜まつり情報が分かったところで、
見頃、満開時期はいつからいつまでなのでしょうか。

気になる淀川河川公園背割堤地区の桜花見の見頃、満開時期について見ていきたいと思います。

例年の見頃、満開時期と今年2019年の桜の特徴から
見頃、満開時期を調べて比較し情報をまとめていきたいと思います。



例年の見頃、満開時期

例年の淀川河川公園背割堤地区の見頃、満開時期は
3月下旬から4月上旬までが見頃時期にあたります。

昨年の桜の見頃時期を調べてみると、

3月の最終週から4月はじめに見頃時期が訪れています。

4月上旬過ぎにはすでに大部分で
葉桜が増えており、満開の桜は過ぎてしまっています。

年々、桜の開花と見頃は早まっており、
3月下旬までに花見に行かなければ満開の桜は見れない印象です。

今年2019年の見頃、満開時期

そして、今年2019年の見頃、満開時期は
例年よりさらに早まることが予想されます!

その理由として、今年2019年は暖冬傾向で
2月は4月並みの暖かい日が続き、全国的にも暖冬の影響が強く、

暖かい日が続けば、桜の成長、開花は早まり、
結果、見頃、満開時期も早くなる可能性が高くなります。

上記の事から今年2019年の淀川河川公園背割堤地区の見頃時期は、
例年よりも見頃は早まり、3月下旬から4月上旬までになるかと思います。

淀川河川公園背割堤地区の満開の桜を見に行かれたい方は、
3月中に花見に行かれるのがおすすめです。

特に、3月中旬から下旬までの見頃時期。
ソメイヨシノは開花後約1週間程度で満開となるため、

4月ではすでに葉桜が増えると予想されます。
開花した桜と葉桜とのコントラストも素敵ですができれば満開の桜を見たいところ。

ただ、桜の見頃、満開時期は今後の
天気や気候、気温によって左右されますので、

淀川河川公園背割堤地区周辺の天気予報は随時情報を更新していきます。
見頃、満開時期が気になる方はぜひチェックしてみてください!

淀川河川公園背割堤地区の桜花見 現在の開花状況と開花予想

今年2019年の淀川河川公園背割堤地区の桜の見頃時期が分かったところで、
次に淀川河川公園背割堤地区の桜花見の現在の開花状況と開花予想について調べていきます。

淀川河川公園背割堤地区の桜を代表する「ソメイヨシノ」
「シダレザクラ」などの開花情報をまとめていきます。

開花情報と合わせて、いつ桜の花見に行くのがベストか、
見頃、満開時期についてもご紹介していきたいと思いますので、

淀川河川公園背割堤地区の桜の開花情報が気になる方は参考にしてみてください。



ソメイヨシノの開花情報

ソメイヨシノの現在の開花状況と予想についてです。

淀川河川公園背割堤地区に多く植えられた桜ソメイヨシノ(染井吉野)
ソメイヨシノは多くの花見スポットで見れる代表種の一つで

天気予報などの桜の開花観測にも用いられます。
普段から目にする開花予想からも情報を入手することができます。

そんな淀川河川公園背割堤地区のソメイヨシノの開花情報は、

2019年3月9日現在の開花状況は蕾。
開花予想は3月中旬から下旬になるかと思います。

【2019年3月31日更新】

2019年3月31日現在の開花状況は咲き始め。
見頃は3月下旬から4月上旬までになるかと思います。

例年の開花は3月下旬になりますが、
今年2019年では少し早まることが予想されます。

そのため、桜の見頃時期は3月下旬まで。
4月の最初の週ではすでに葉桜が多くなる可能性が高いです。

桜が開花されたらその1週間後前後に
花見に出かけるのがタイミングを計る上で重要です。

淀川河川公園背割堤地区の見どころ「桜のトンネル」も
このソメイヨシノが満開になることで圧巻の光景が広がりますので、

ぜひ、ソメイヨシノの見頃時期に合わせて花見に出かけてみてはいかがでしょうか。

シダレザクラの開花情報

シダレザクラの現在の開花状況と予想についてです。

シダレザクラ(枝垂桜)は、枝が枝垂れて見事な枝振りが人気の桜。
本数は少ないものの満開になれば見頃な光景を見せてくれます。

そんな淀川河川公園背割堤地区のシダレザクラの開花情報は、

2019年3月13日現在の開花状況は蕾。
開花予想は3月中旬前後になるかと思います。

ソメイヨシノより開花が早いと言われるシダレザクラ。

早咲きでも知られるシダレザクラで、
少し早い春の便りを感じることができるかもしれません。

おすすめの見頃時期は3月下旬。
ソメイヨシノの開花から見頃に合わせて花見に行かれるのが良いかと思います。

淀川河川公園背割堤地区の桜花見 夜桜ライトアップ情報

見頃、満開時期の淀川河川公園背割堤地区の桜は圧巻の光景で、
ぜひ見ておきたいおすすめの花見スポットですが、

昼間だけでなく、夜桜ライトアップも楽しみたいのが花見客の本音。
淀川河川公園背割堤地区では夜の夜桜ライトアップは実施されるのでしょうか。

次に淀川河川公園背割堤地区の夜桜ライトアップ情報についてまとめていきます。

淀川河川公園背割堤地区の夜桜ライトアップ情報を調べてみると、
ライトアップの実施は行われていないようです。

残念ではありますが、今年2019年に
何かライトアップの情報が分かりましたら更新したいと思います。

京都観光で桜の花見に来られている方は
夜桜ライトアップも楽しみにしている方もいるかと思いますが、

京都の桜の名所でライトアップは「東寺」がおすすめ!
東寺のライトアップ情報については以下ブログ記事を参考にしてみてください。

⇒ 東寺の桜2019の見頃時期と開花状況、満開はいつまで?ライトアップ情報

淀川河川公園背割堤地区の桜花見 屋台出店情報

桜の花見は楽しみなイベントですが、
花見中に食べるグルメや食べ物を買う屋台出店も気になる情報です。

ここでは淀川河川公園背割堤地区の桜花見の屋台出店についてご紹介していきます。

淀川河川公園背割堤地区では
背割堤さくらまつりに合わせて屋台が出店される予定です。

例年、多くの屋台が出店し、
美味しい屋台グルメで花見客の胃袋を満たしてくれます。

出店場所は桜並木に沿って軒を連ねてますので
桜の花見を楽しみながら屋台グルメを楽しむことができます。

花見をさらに楽しくする屋台グルメ、
気になる出店を見かけたらぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。



淀川河川公園背割堤地区の桜花見 混雑状況

淀川河川公園背割堤地区の桜を見に花見に行きたくなったけど、
人気の花見スポットなので「どれくらい混雑するのか」混雑状況が気になる!

そんな方に淀川河川公園背割堤地区の桜花見の混雑状況についても情報をまとめていきます。

ここでは、桜の開花前や見頃、満開時期、
開花から見頃が過ぎて葉桜になる時期など

各シーズンごとの混雑状況を調べてご紹介していきます。
淀川河川公園背割堤地区の混雑が気になる方はぜひ参考にしてみてください。



桜の開花前の混雑状況

桜の開花前の混雑状況についてです。

桜の開花前はほとんど人出は見られず混雑は起きていません。
サイクリングを楽しむ方、ウォーキングやジョギングなど

地元の方の運動作り、スポーツを楽しむ方で賑わいます。
混雑は全くありませんので、木津川と宇治川を眺めながら

自然豊かな背割堤を楽しんでみてはいかがでしょうか。

見頃、満開時期の混雑状況

桜の見頃、満開時期の混雑状況についてです。

淀川河川公園背割堤地区の混雑

桜の開花前後では混雑は見られませんでしたが、

背割堤の桜まつり会場周辺では
非常に多くの人出で賑わい混雑も見られます。

見頃、満開時期に入る3月下旬が特に混雑が見られ
中でも土日祝はひどい人混みで混雑が発生します。

例年約50万人近い人出が発生し、
混雑ができるほど人気の花見スポットであることがうかがえます。

車ではなく電車など公共交通機関を利用して
アクセスされるのがおすすめです。

さらに詳しい淀川河川公園背割堤地区の混雑状況や
駐車場の閉鎖、通行止め情報を知りたい方は以下ブログ記事を参考にしてみてください。

⇒ 淀川河川公園背割堤地区の桜花見2019の混雑や駐車場の閉鎖、通行止め情報

開花から見頃が過ぎた後の混雑状況

開花から見頃が過ぎた後の混雑状況についてです。

開花から見頃が過ぎる4月中旬以降には
ほとんど花見客、観光客はいなくなり普段通りの淀川河川公園背割堤地区に戻ります。

3月下旬は満開の桜が見れていましたが、
4月上旬には以下のようなすっかり花びらは散って緑葉になります。

今年の見頃は3月下旬までになりますので、
淀川河川公園背割堤地区の花見を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

淀川河川公園背割堤地区の桜花見2019の開花状況と見頃満開時期!駐車場と混雑についてまとめてきました。

淀川河川公園背割堤地区では約220本の桜が植えられ、
満開の約1.4kmにのびる桜のトンネルは圧巻の光景です。

桜の開花から見頃時期に合わせて「背割堤さくらまつり」も開催され、
屋台の出店などイベントも催される人気の花見スポットです。

淀川河川公園背割堤地区の桜の
現在の開花状況や今年2019年の開花予想からおすすめの見頃時期も調べてご紹介しています。

さらに、駐車場の場所情報もまとめていますが
満車になる可能性が高いため、電車でのアクセスがおすすめです。

また、淀川河川公園背割堤地区以外の京都、関西の
人気花見スポットを知りたい方は、以下ブログ記事をご覧ください。

⇒ 東寺の桜2019の見頃時期と開花状況、満開はいつまで?ライトアップ情報

⇒ 造幣局 桜の通り抜けの花見2019の期間はいつから?開花状況とライトアップ時間

これから淀川河川公園背割堤地区の桜を見に花見に行きたい方は、
見頃、満開時期の情報を参考にしつつお役立ていただけますと幸いです。