「川越まつりに参加したい!見所や楽しみ方も教えて欲しい!」

年に一度埼玉県川越で開催される秋の大祭「川越まつり」

「川越氷川祭(かわごえひかわまつり)」とも呼ばれており、
国の重要無形民俗文化財に指定され、関東三大祭りの1つとも呼ばれています。

非常に人気のお祭りですので、人出も多く川越は祭り一色に染まります。

このブログでは、川越祭りに参加予定の方に、
川越祭りの日程時間や見所、着ていく服装、楽しみ方についてご紹介していきます!

川越祭りへ遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



川越祭り 開催日程・タイムスケジュール・場所

まず初めに川越祭りの開催日程・タイムスケジュール・場所についてご紹介していきます。

川越祭りの開催日程は、毎年10月第3日曜日とその前日の土曜日になります。
2018年では、10月20日(土)、21日(日)の2日間にわたって開催されます。

メインとなる開催場所は、「川越氷川神社」になります。

この氷川神社から各所へ山車を練り歩いたり、イベントが開催されます。
そんな川越祭りの2日間のタイムスケジュールを次にご紹介いたします。



10月20日(土) タイムスケジュール

神幸祭(じんこうさい)
 場所:氷川神社・周辺
 時間:13:00~

市役所前の山車揃い
 場所:市役所前
 時間:14:00~15:00頃

宵山の山車揃い
 場所:各町の会所前
 時間:18:00~19:00頃まで

鳶のはしご乗り
 場所:埼玉りそな銀行前
 時間:18:20頃~

曳っかわせ(ひっかわせ)
 場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所
 時間:19:00~21:00頃



川越祭りの最大の見所は山車の「曳っかわせ」
この曳っかわせと鳶のはしご乗りは見所ですので、

山車の説明含め、後ほど記事後半でご紹介していきます。

10月21日(日) タイムスケジュール

市役所前の山車巡行
 場所:市役所前
 時間:13:30~15:00頃

曳っかわせ(ひっかわせ)
 場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所
 時間:18:30~21:00頃

川越祭り最終日にもクライマックス「ひっかわせ」は行われます。
初日にひっかわせを見逃した方は、ぜひ最終日に観ることをおススメします!

川越祭り 見所

それでは次に川越祭りの見所についてご紹介していきます。

川越祭りの最大の見所は山車同士で行われる「曳っかわせ」
曳っかわせを観ずして川越祭りは終われません!

初日と2日目の夜に行われる曳っかわせと
鳶のはしご乗りは見所、屋台や出店も見所ですが、

ここでは、お祭りの各種イベントの見所をご紹介していきます。
川越祭りへ遊びに行く予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。



山車

まず、川越祭りでは必要不可欠な「山車」について。

2005年2月21日に国の重要無形民俗文化財にも指定された山車は、
それぞれ川越の街に収められており、その数29台にものぼります。

山車の形態は様々で特徴的なのは全ての山車に人形が取り付けられていること。
山車の大きさも驚くもので、高さ約6m30㎝、幅約3m、奥行き約4m

最も驚くのは重量ですが、一般的な山車と人形で5~6トンもするようです!
この人形が乗った山車を曳き街中を練り歩くのが川越祭りです。

その姿、巨体を揺らしながら進む姿は豪華絢爛。
夜見る山車は別の世界へ引き込まれるかのように幻想的な空間が広がります。

圧巻の光景に言葉も出ないかもしれません。それほど感動的なお祭りです。

曳っかわせ(ひっかわせ)

山車をご紹介したところで、山車による見所をご紹介いたします。
それが「曳っかわせ」と呼ばれる川越祭り最大の見せ場になります。

これは、川越の街を巡行、練り歩く山車が鉢合わせした時、
向かい合って、山車の祭囃子や踊りがはじまり競演が行われます。

夜に行われますので、提灯の灯りを持った祭人の掛け声によって、
祭りはさらに盛り上がり、提灯と山車と祭囃子の音色がとても幻想的な空間を演出。

ひっかわせ川越の街のいたるところで行われるため、
町中、祭囃子の音色、祭人の掛け声が鳴り響くことでしょう。

夜になると川越まつりに参加している!と感じられると思います。
ぜひ、この山車行事のひっかわせは見ておきたい見所です。

山車巡行

山車が一堂にかいして揃う催し。

川越市役所前に多くの山車が揃いますので、山車を効率良く見たい方は
この山車巡行は外せないタイミングです!ぜひ昼間の山車もご覧ください。

鳶のはしご乗り

山車の行事だけでなく、川越まつりでは、
蔵造りの街並み周辺(埼玉りそな銀行前)で鳶職人の妙技を見ることが出来ます。

それが「鳶のはしご乗り」、開催時間は、初日の18:20から行われますので
日は落ちて、遠くからはあまり見えないかもしれませんが、

山車や祭人の持つ提灯の灯りでともされ、
鳶職人の妙技を見ることが出来ます。技が決まった時の歓声はひと際目立ちます。

緊張感と臨場感と、スリル満点の技を披露してくれます。

川越祭り 着ていく服装

川越まつりに参加予定の方で困っているのが「服装」ではないでしょうか。
ここでは、川越まつりで着ていく服装についてもご紹介していきます。

川越まつりの催し、イベントの内容を見ると、
山車巡行、山車による催しがメインになります。

そして、山車は様々な街を練り歩き曳き回されながら、観光客の目にさらされます。
そのため、2日間のうちに長時間山車を追って歩くことが想定されます。

長時間の歩行は足に負担がかかるため、スニーカーなど
歩きやすい靴、負担の少ない履きなれた靴が非常におススメです。

ヒールや高めの靴、革靴は不向きかと思います。

また、川越の夜は気温も低くなるため、昼間よりもぐっと下がることが想定されます。
寒さ、防寒対策をしっかり取りつつ、服装も薄手よりも厚手の方が良いかと思います。

ユニクロのヒートテックを中に肌着で着るだけでも対策にはなるかと思いますが、
肌を露出した服装は避けた方が良いかもしれません。



川越祭り 楽しみ方・デート

川越まつりの楽しみ方、デートについてもご紹介していきます。

川越まつりは山車による行事、催しがメインになりますが、
川越まつり開催期間中多くの屋台も出店されます。

出店で買って食べながらお祭りを堪能する、デートに最適なシチュエーションですね。

川越まつりで初めて恋人とデートに行く、家族で楽しみたい、
友人同士、お祭りを満喫したい!など川越まつりでの楽しみ方、デートの流れをご紹介していきたいと思います!

山車巡行に参加して山車のすごさを知る

まずは川越まつりで必要不可欠な山車について知ることから始まります。
そのためには山車巡行に参加し、山車を効率的に見ることで山車のすごさが分かるかと思います。

川越まつりの屋台出店で食べ歩き

川越まつりには数百店にものぼる屋台が出店されていると言われています。
定番の屋台飯から珍しい出店、川越祭り名物のお化け屋敷など楽しめる屋台が満載です。

より詳しい川越祭りの屋台出店情報を知りたい方は、
こちらの記事にまとめてますので、合わせてご覧ください。

最後の山車ひっかわせを見て豪華絢爛な世界観に浸る

川越祭りクライマックスのひっかわせは必見!

山車の競演、祭人の提灯で演出された空間は幻想的な時代絵巻。
過去へタイムスリップしたかのような感覚にさえおそわれます。

川越祭りの日程時間や見所の山車行事、ひっかわせ、神輿、服装、楽しみ方 まとめ

川越祭りの日程時間や見所の山車行事、ひっかわせ、神輿、服装、楽しみ方についてご紹介してきました。

川越祭りの見所である山車行事に加え鳶のはしご乗りなど、
川越の技を披露する見所もご紹介してきました。

川越祭りの楽しみ方や服装に困っている方は、いくつかご紹介していますので、
川越祭り参加の事前情報として、ぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。