札幌雪まつりの混雑や渋滞情報




「札幌雪まつりに参加してみたいけど、混雑、交通規制が気になる…」

毎年1月~2月にかけて開催される札幌の一大祭り「札幌雪まつり」
氷像のライトアップ、氷彫刻、ライブなど様々なイベントが開催さ多くの観光客が北海道に訪れます。

そんな大人気のさっぽろ雪まつりですが、
初めての方も2回目以上の方も「混雑」や「渋滞」は気になる情報ではないでしょうか。

また、車で行かれる方は「交通規制」情報も事前に知りたい情報かと思います。

このブログでは、さっぽろ雪まつりの混雑、渋滞が気になる方に、
さっぽろ雪まつりの混雑や交通規制、渋滞、車両通行止めの場所と所要時間についてご紹介していきます!

さっぽろ雪まつりへ遊びに行く予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




札幌雪まつり 混雑状況

まず初めに、札幌雪まつりの混雑状況について見ていきたいと思います。

札幌雪まつりの開催期間は、開催される以下2か所の会場で
開催期間が異なります。つどーむ会場の方が若干早く始まるようです。

■さっぽろ雪まつりの開催期間
大通・すすきの会場:2019年2月 4日 ~ 2月11日
つどーむ会場   :2019年1月31日 ~ 2月11日

札幌雪まつりの詳しいスケジュールや見どころについて、
以下ブログ記事で情報をまとめてますので、気になる方は参考にしてみてください。

⇒ 札幌雪まつり2019の日程や見所のK-POPライブ、氷像雪像、ライトアップ情報

そして、札幌雪まつりへ遊びに行きたい方の気になる情報が、
会場や周辺道路の「混雑状況」と「渋滞状況」かと思います。

ここではまず、札幌雪まつりの混雑状況を調べて、
ご紹介していきますので行かれる前の情報として参考にしてみてください!




来場者数、入場者数情報

初めに札幌雪まつりの来場者数、入場者数情報についてです。

来場者数などの動員数はイベントの混雑をはかる上で、
参考になるバロメーターとなりますので、調べることで混雑状況が見えてきます。

札幌雪まつりの来場者数を調べてみると、
国内外から約250万人以上もの人出が発生し期間中は賑わいます。

同じく北海道開催の人気お祭り「千歳・支笏湖氷濤まつり」は
来場者数が約24万人と報告されてますので、規模の大きさが分かるかと思います。

それでは、実際の会場などの混雑状況はどれくらいになるのか。
札幌雪まつりの詳しい混雑状況を見ていきたいと思います!




平日の混雑状況

まず平日の混雑状況についてです。

平日でもさっぽろ雪まつりは混雑しています!
氷像の会場となる大通・すすきの会場だけでなく、

冬のアスレチックも楽しめるつどーむ会場も混雑しており、
北海道の冬の一大イベントであることがうかがえます。

平日は混雑していないと思われた方はご注意ください。
特に夕方以降日没からライトアップが点灯する時間帯は混雑がさらにひどくなります。

土日祝の混雑状況

次に土日祝の混雑状況についてです。

土日祝のさっぽろ雪まつりは非常に混雑しています!
平日の倍以上は人出が発生し混雑している印象です。

やはり、平日は基本地元の北海道出身の方で賑わい、
土日祝になると県外からの観光客も加わり人出が増えて混雑が見られます。

混雑を避けたい場合は、平日に行かれるのが良いかと思いますが、
平日も土日祝も基本は混雑しますので、混雑は覚悟しておいた方が良いかと思います。

大通会場の混雑状況

雪像ライトアップやプロジェクションマッピングを見ることができる、
大通会場の混雑状況についてです。

メイン会場にもあたる大通会場は、
早くも多くの人出で賑わい混雑が見られます。

昼過ぎ位からはすでに多くの人出で会場周辺のほとんどで混雑が見られ、
特に夕方以降夜のライトアップ、プロジェクションマッピングが映える時間帯はひどい混雑が発生します。

特にライトアップなどの夜のイベントだけでなく、
雪像を見てみたい方は朝の早い時間帯に行かれるのが良いかと思います。

つどーむ会場の混雑状況

大通会場、すすきの会場から少し離れた場所にある、
つどーむ会場の混雑状況についてです。

つどーむ会場では他会場と異なり、
冬のアスレチック、アトラクションが楽しめる「遊び」が充実しています。

そのため、家族連れの来場が目立ち混雑も見られます。
中でも人気の「チューブスライダー」は土日祝になると

待ち時間も約30分以上!そして1,200人待ちという時もあり、
非常に大人気ではあるものの混雑も目立つ会場です。

比較的平日は混雑も緩和されていますので、
平日休みの方は平日に行かれた方が良いかと思います。

駅周辺の混雑状況

駅周辺の混雑状況についてです。

さっぽろ雪まつり会場周辺の最寄り駅でも混雑が見られ、
札幌市では便利な地下鉄も混雑が発生しています。

特に大通駅は氷像、雪祭りの最寄り駅になりますので、
今までにないほどの混雑、人出が発生していますので行かれる方はご注意ください。

また、普段地下鉄を利用される会社員の方や地元の方は
普段と異なる混雑具合になりますので別ルートで帰るのも検討しておいた方が良いかもしれません。

シャトルバスの混雑、行列状況

シャトルバスの混雑、行列状況についてです。

つどーむ会場までは札幌市内から発着する
シャトルバスを使ったアクセスが非常に便利な交通手段です。

そのため、つどーむ会場までシャトルバスを利用する方が多く、
シャトルバス待ちで長い行列、待ち時間が発生しています。

シャトルバス以外にも地下鉄を利用したアクセス方法もありますが、
最寄り駅の「地下鉄栄町駅」でもひどい混雑が発生していますので、

つどーむ会場へ行かれる際は、早い時間帯に出かけられると良いかと思います。

さっぽろ雪まつりのシャトルバス情報や行き方など
アクセス方法を調べている方は以下ブログ記事を参考にしてみてください。

⇒ 札幌雪まつり2019の駐車場の場所や会場への行き方、アクセス、シャトルバス情報

ホテルの混雑状況

ホテルの混雑状況についてです。

お祭り、イベントの混雑は何も道路や交通機関だけでなく、
ホテルなどの宿泊施設でも混雑が見られます!

札幌市内のホテルが、札幌雪まつり開催期間中、
県外からの宿泊客が増え予約が取りづらい状況になるようです。

札幌雪まつりへ遊びに行かれる県外組の方はお早めに予約は取られた方が良いかと思います。

札幌雪まつり 混雑予想

札幌雪まつりの混雑状況が分かったところで、
札幌雪まつりの今年の混雑予想も見ていきたいと思います!

まず今までの来場者数についてですが、
2017年に比べて2018年は10万人少ない来場者数実績が報告されています。

これはインフルエンザの流行や平昌五輪の中継と
札幌雪まつりの開催が重なったことが原因とされています。

そして、今回2019年開催の札幌雪まつりでも来場者数が
減少する要因はありますが、「北海道ふっこう割」と呼ばれる、

国、北海道、民間企業が協力してスタートさせた割引制度がありますので、
県外からの観光客も増えるのではないかと考えています。

よって、昨年の来場者数より上回り、混雑も起きるのではないかと予想しています。

さらに、来場者数に影響する「天気予報」についてですが、
さっぽろ雪まつりの開催期間中の天気予報を調べてみると、

北海道札幌市の天気予報

初日の31日は曇りの予報で肝心の最初の土日も同じく曇り予報になっています。
ひどい雪、雨予報の場合、来場者数は減る傾向にあり、来場者数が減れば混雑も緩和される傾向にありますが、

現在のところひどい雪、雨予報ではないため、大きな影響はないのではないかと思います。
ただ、気温が非常に低いため、行かれる方は体調管理には十分ご注意ください。

また、天気情報は開催が近づくにつれて情報も精度が高くなりますので、
分かり次第、このブログでも北海道札幌市の天気予報を配信していきたいと思います!

北海道札幌市の天気予報が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。




札幌雪まつり 道路の渋滞状況

札幌雪まつりへ車でアクセスされる方は、札幌雪まつり周辺の
会場の道路の渋滞がどれくらい発生するのか、も気になる情報かと思います。

次に札幌雪まつりの道路の渋滞状況についても調べていきたいと思います。
札幌雪まつりの道路の渋滞状況を調べてみると、

札幌雪まつりの氷像が展示される大通公園沿いや
札幌駅周辺ではひどい道路の渋滞が発生しています!

空港までの道のりでも渋滞が見られますので、
札幌雪まつり開催期間中は主要な会場周辺は渋滞が起きると考えておいた方が良いでしょう。

札幌雪まつりが開催されるメイン会場は、
電車もしくは徒歩でアクセス出来る場所がほとんどです。

車の利用は渋滞の原因にもなりますので、札幌雪まつりが目的の方は、
公共交通機関を利用してアクセスした方が渋滞にあわずに済みますのでおすすめです。

そして、道路の渋滞の原因の一つに「交通規制」があります。
次に札幌雪まつりの交通規制の場所や時間帯も調べていきたいと思います!




札幌雪まつり 交通規制、通行止めの場所

札幌雪まつりの交通規制情報

札幌雪まつりの交通規制、通行止めの場所について見ていきたいと思います!

例年札幌雪まつり開催期間中では、道路規制が実施され、
会場周辺、その他メインとなる場所で交通規制が実施されます。

今年2019年でも交通規制が実施されますので、
まずは以下交通規制実施場所をご確認ください。


・大通会場
・すすきの会場
・つどーむ会場

上記3つの会場にて交通規制が実施されます。
交通規制が実施される時間帯も会場によって異なりますので以下ご覧ください。

■交通規制 実施時間帯
・大通会場   10時 ~ 22時
・すすきの会場 平日15時 ~ 23時
        土日祝10時 ~ 23時
・つどーむ会場 8時 ~ 17時

大通会場がメイン会場となりますので、10時から22時まで終日交通規制実施。
大通、すすきの会場の広範囲で「歩行者用道路」が指定され車両の通行ができないエリアが多いです。

従って、札幌駅からも近い場所ですので道路の渋滞発生が予想されます。
大通、すすきの会場を車で走行される方は交通規制には十分ご注意ください。

さらに、つどーむ会場周辺も広い範囲で「車両進入警戒エリア」と交通規制が実施され、
居住者の車両以外は進入が厳しくなるでしょう。

車で札幌駅周辺や会場周辺を運転される方は
事前に交通規制の実施内容を把握された方が良いかと思います。

また、札幌市が地元の方もご存知かと思いますが、
さっぽろ雪まつり開催期間中は道路の渋滞が予想されますので運転には十分ご注意ください。




札幌雪まつり 所要時間

さっぽろ雪まつりの会場内を周ったり、イベント、
企画を見るのにかかる時間はどれくらいのなのでしょうか。

札幌雪まつりの所要時間についても見ていきたいと思います。

先にご紹介した混雑状況で平日や土日祝でも混雑は異なり、
行かれる会場によっても周る所要時間は異なりますが、

氷像のライトアップやライブなどイベントを見て周って、
おおむね2時間~3時間の所要時間になります。

北海道の中でも一二を争う大人気のイベントですので、
規模も大きく、氷像の製作期間も長いことから所要時間も伸びる傾向にあります。

また大通、すすきの会場から離れたつどーむ会場は
遊びをメインにアスレチックやアトラクションが楽しめる会場ですので、
家族で1日楽しめるほどの遊び場とイベントを体験することもできます。

デートや家族旅行にも最適なお祭りですので、
1年に一度開催の札幌雪まつり期間に北海道観光で遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。



まとめ

札幌雪まつりの混雑や交通規制、渋滞、車両通行止めの場所と所要時間についてご紹介してきました。

さっぽろ雪まつりは北海道を代表する人気のお祭りで、
来場者数も約250万人以上とイベントの規模の大きさが数字からもうかがえます。

人出が増えればひどい混雑も発生します。
今年も混雑が予想され、遊びに行かれる方は十分ご注意ください。

また、道路の渋滞も発生しますので、車を運転される方、
車で会場にアクセスする方は交通規制などの情報を事前に把握された方が良いでしょう。

札幌雪まつりの混雑状況、交通規制が気になる方は、
事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。