ふるさと祭り東京2019の混雑は平日や土日祝でどれ位?混み具合と来場者数情報




「ふるさと祭り東京に参加してみたいけど、混雑が気になる…」

毎年1月に開催される恒例の人気イベント「ふるさと祭り東京」

日本の伝統的なお祭りから地方の祭礼行事、
ご当地グルメや郷土料理まで楽しむことができるイベント。

人気のふるさと祭り東京へ行く予定の方は、
当日どれくらい混雑するのか?混み具合は気になる情報かと思います。

このブログでは、ふるさと祭り東京の混雑が気になる方に、
ふるさと祭り東京の混雑や来場者数情報についてご紹介していきます!

ふるさと祭り東京へ遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。




ふるさと祭り東京 開催場所

まず初めに、ふるさと祭り東京の開催場所についてご紹介していきます。

ふるさと祭り東京の開催場所は「東京ドーム」
東京ドームの場所は以下地図からも確認することができます。

【場所】〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3-61

ふるさと祭り東京の開催期間は、2019年1月11日(金) ~ 1月20日(日)

この開催期間中、日本のお祭り、郷土料理だけでなく、
ステージプログラムも開催され、大いに盛り上がることが予想されます。

ふるさと祭り東京のステージプログラムや
開催の見どころなどについて以下ブログ記事でまとめていますので参考にしてみてください。

⇒ ふるさと祭り東京2019の割引情報やステージプログラム、おいしいお土産の感想口コミ

そんな人気のふるさと祭り東京ではどれくらい混雑するのか?
次からふるさと祭り東京の混雑状況について調べていきたいと思います!




ふるさと祭り東京 混雑状況

ふるさと祭り東京の開催場所が分かったところで、
早速ふるさと祭り東京の混雑状況について見ていきたいと思います。

ふるさと祭り東京は今年2019年で11回目を迎える、
とても長きにわたって開催され続けた人気のイベントです。

長く開催される理由には人気であることと、
一定層のファン、来場者がいるからこそ開催が実現しています。

そのため、ふるさと祭り東京では混雑が予想されますが、
どれくらい混雑するのか、平日や土日祝の違いや

会場周辺、最寄り駅の混雑状況を調べていきたいと思います。
ふるさと祭り東京の混雑状況が気になる方は、参考にしてみてください。




来場者数、入場者数情報

初めに来場者数、入場者数情報についてです。

イベントの来場者数、入場者数を調べることは、
混雑状況を知るバロメーターの役割としても使われます。

ふるさと祭り東京の来場者数は、約40万人以上の来場者が訪れ、
これまでののべ動員数は約340万人以上と言われています。

数字からも分かる盛況ぶりであったことがうかがえます。
そんな人気のふるさと祭り東京では実際どれくらい混雑するのか。

次に平日や土日祝、会場の混雑状況について見ていきたいと思います。




平日の混雑状況

まず平日の混雑状況についてです。

一般的なイベントやお祭りでは、
平日は混雑が落ち着きゆっくり観覧できるものが多いのですが、

ふるさと祭り東京では平日でも混雑が見られます…

それは非常に人気の高いイベントであり、
開催期間にも限りがあるため、平日でも遊びに行きたい方が多くなり混雑が発生することが予想されます。

ただ、平日以上に土日祝の方が混雑が起きやすいのですが、
ふるさと祭り東京の場合どうなのか。次に土日祝の混雑状況を調べていきます。

土日祝の混雑状況

次に土日祝の混雑状況についてです。

ふるさと祭り東京の開催には1月の3連休も含まれ、
特にこの3連休がひどい混雑を見せます。

普段の土日でも混雑しますが、やはり3連休は
群を抜いて人混み、人出が発生し混雑が見られます。

少しでも混雑を回避したい方は、3連休は避けた日程で行かれた方が良いかと思います。

もしくは、混雑ピークの時間帯は朝から昼過ぎ、夕方ごろ。
夕方以降遅い時間帯は徐々に帰る人が増え始めますので、

入れ替わりで入場すると混雑ピークは避けられるかと思います。

会場周辺、入り口の混雑状況

会場周辺、入り口の混雑状況についてです。

来場者数が約40万人を超える人気のイベントですので、
混雑は容易に想像できますが、会場周辺、入り口はすでに長蛇の列が発生。

会場の東京ドームでは地面も人で見えないほど、
人混みと人の頭で埋め尽くされ、混雑が見られます。

会場外で入場まで待つケースが多いため、
1月の屋外は非常に気温も下がり寒い環境下で待つことになります。

寒さ、防寒対策はしっかり取られてから行かれるようにしてください。
特に家族連れで行かれる方は、お子様の体調管理には十分お気を付けください。

会場内の混雑状況

会場内の混雑状況についてです。

ふるさと祭り東京が開催される東京ドームでは、
収容人数55,000人、グラウンド面積13,000㎡の巨大な会場に

様々な出店が出展されていますが、多くの来場者で
賑わい会場内は非常に混雑しています。

広い面積に対して多くの人出が発生し、床も見えないほどですので、
大いに混雑、人混みが起きているのが分かりますね。

混雑が苦手な方は、途中休憩を入れるなど工夫しながら会場内を周られるようにしてください。

イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

ふるさと祭り東京ではステージプログラムや
各種様々なイベントが開催され、イベント会場では非常に混雑が見られます。

ステージ周辺はもちろん、ゆるキャラの登場や、
コメンテーターのトークセッションでも混雑しており、

どこへ行っても人混みで混雑しますので、
人酔いする方は覚悟して行かれた方が良いかもしれません。

最寄り駅の混雑状況

最寄り駅の混雑状況についてです。

会場となる東京ドームの最寄り駅は、
「水道橋駅」もしくは「後楽園駅」になります。

いくつかの駅、線が走る場所に会場がありますので、
比較的駅周辺での大きな混雑は見られません。

また、駅の利用者はすべてふるさと祭り東京だけでなく、
その他イベント、用事で来られる方も多いため、

普段と同じ利用者数、混雑具合になるかと思います。

最寄り駅から東京ドームまでのアクセス方法を調べている方は、
以下ブログ記事で情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

⇒ 東京駅から東京ドームまでの行き方、アクセス方法!電車とタクシー、徒歩の所要時間

ふるさと祭り東京 混雑予想

ふるさと祭り東京の混雑状況が分かったところで、
ふるさと祭り東京の今年の混雑予想について見ていきたいと思います。

お祭りや料理の充実度が年々増していくふるさと祭り東京。
今年の開催も混雑が予想されるふるさと祭り東京ですが、

混雑に大きく影響する「天気予報」を見てみると、

東京の天気予報

東京ドーム周辺の天気は、現在のところ初日は快晴の予報で、
天気も安定していますので、多くの人出が発生し混雑が予想されます。

天気が雨の場合、客足、入場者数は大きく減少し、
混雑は緩和される傾向にあるほど天気は混雑に大きく影響します。

一方で、混雑が苦手だけどイベントに参加したい!という方は、
雨の日に行かれるのも混雑回避の方法としておすすめです。

開催期間中、雨の日があればその日を狙って、
行かれるのも良いかもしれません。

ただ、雨の日は気温がぐっと下がりますので、
体調管理にはくれぐれもご注意ください。




ふるさと祭り東京 待ち時間、待機列状況

ふるさと祭り東京の混雑情報が分かったところで、
ふるさと祭り東京の待ち時間や待機列状況についても調べていきたいと思います。

ふるさと祭り東京の待ち時間や待機列状況を調べてみると、

ふるさと祭り東京の会場に入場するだけでも、
待ち時間は約50分かかったり、待機列は長蛇の列が発生し、

入場するだけでも一苦労してしまう可能性が非常に高いです。
それほど人気で、今までにない体験をすることができるイベントということですね。

来場者数も多いイベントですので、長時間の待機列対策に
飲み物の準備や事前のお手洗いは済ませておいた方が良いでしょう。

まとめ

ふるさと祭り東京の混雑は平日や土日祝でどれ位?混み具合と来場者数情報についてご紹介してきました。

ふるさと祭り東京は今年2019年で11回目を迎える、
非常に人気が高く、歴史のあるイベントです。

これまでののべ動員数は約340万人を超え、
直近の来場者数では約40万人を超える人出が発生しています。

入場、会場内はもちろん、イベント開催時には、
非常に人混みで混雑しており、どこへ行っても混雑している印象です。

ふるさと祭り東京の混雑ピークから混雑回避の方法、
行かれる場合のおすすめの時間帯などご紹介しています。

ふるさと祭り東京へ行く予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。