新宿花園神社の酉の市




「新宿花園神社の酉の市に参加したい!混雑状況や屋台出店情報も教えて欲しい!」

新宿の酉の市と言ったら「花園神社の酉の市」
毎年11月に入れば縁起熊手を求めて多くの経営者、商売人が訪れる人気の酉の市です。

そんな人気の酉の市花園神社へ行ってみたい方の心配事が「混雑」ではないでしょうか。
さらに、できれば屋台出店情報も事前に仕入れた上で参加したいと考える方も多いはず。

このブログでは、新宿花園神社の酉の市に遊びに行きたい方に、
新宿花園神社の酉の市の混雑や屋台出店の熊手や見世物小屋、駐車場情報についてご紹介していきます!

新宿花園神社の酉の市の混雑や屋台出店情報が気になる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



新宿花園神社の酉の市 混雑状況について

まず初めに、新宿花園神社の酉の市の混雑状況について見ていきたいと思います。

新宿の花園神社で行われる酉の市の開催日は、2018年11月1日(木)、13日(火)、25日(日)の3日間になります。

花園神社の酉の市は非常に人気で商売人、経営者の方以外にも
会社帰りのサラリーマンの方も酉の市開催日には訪れる有名な場所です。

そんな人気に花園神社の酉の市の混雑状況ですが、

花園神社の境内はもちろん、入場までに待機列ができるほどの大混雑!
長蛇の列は境内の外まで伸びており、一体何時間待ち時間が発生しているのでしょうか。

混雑から非常に人気の酉の市であることが分かりました。
しかし、できれば混雑には巻き込まれたくないもの…

花園神社の酉の市の混雑ピークの時間帯を調べてみると、
夕方18時以降が最も混雑ピークにさしかかるようです。

混雑を避けるためには、午前の早い時間帯や昼過ぎがおすすめです。
しかし、土日の開催がある場合は、昼過ぎでも混雑し始めますので遅い時間は避けたほうが良いでしょう。



新宿花園神社の酉の市 今年の混雑予想について

新宿花園神社の酉の市の今年の混雑予想についても調べておきたいと思います。

例年の新宿花園神社の酉の市では、約60万人近くの来場者が訪れ、
縁起熊手から珍しい屋台、美味しい出店のグルメを楽しみに訪れます。

その人気は衰えず、絶えず人出が発生し境内の混雑や行列が発生します。
今年の酉の市新宿花園神社では混雑が予想され、多くの来場者が訪れます。

さらに、11月の東京の天気予報も調べてみると

開催日は天気にも恵まれ客足も伸びそうです。
特に、最終日の25日は日曜日と週末で晴れ予報ですので非常に混雑が予想されます。

平日より土日祝の方が混雑は発生しやすくなりますので、
最終日は特に混雑が予想されますので、参加される方は注意が必要です。



新宿花園神社の酉の市 屋台の出店場所について

新宿花園神社の酉の市の混雑状況が分かったところで、
新宿花園神社の酉の市の屋台の出店場所について見ていきたいと思います。

新宿花園神社の酉の市の屋台は約280店近い露店が出店されているといわれています。
美味しいグルメから珍しい、ユーモアたっぷりの屋台まで様々。

もちろんメインの縁起熊手も扱う屋台は非常に多く、
どこで買うか迷うほどです。威勢良い販売者の押しに負け買う方も中にはいるようですが、

気に入った熊手を見つけるためにも流れには負けないように見るのがコツです。

花園神社の主な屋台出店場所は以下地図から確認することができます。

新宿花園神社を囲うように多くの屋台が出店し、
境内へその露店は伸びていますので、屋台を見て周る長蛇の列も発生しているほどです。

新宿花園神社の酉の市を一通り終えた後は、新宿駅からも近いため、
買い物や食事、遊びに出かけることもできる好立地に花園神社はあります。

それでは次に、気になる花園神社の屋台で扱う食べ物や珍しい出店をご紹介していきます!
新宿花園神社の酉の市で屋台出店が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!



新宿花園神社の酉の市 食べ物や珍しい屋台出店情報について

新宿花園神社の酉の市の食べ物や珍しい屋台出店情報について見ていきたいと思います。

非常に多くの屋台出店が軒を連ねる新宿花園神社の酉の市。
酉の市に参加するだけでも、お祭り気分も味わえて新宿で遊んで帰れる、

楽しい時間を過ごすこともできるおすすめの酉の市ですが、
そんな新宿花園神社の酉の市ではどういった屋台が出店しているのか。

気になる、屋台の食べ物や珍しい出店を調べてご紹介したいと思います!



信州名物おやき

食べ歩きにも最適な人気の「おやき」
長野の郷土料理ですが、お祭りの屋台出店では定番の料理です。

中の具が、あんこや野菜といった定番から野沢菜やきのこ、
なす、ニラ、カボチャなど山の幸をふんだんに使ったおやきもあります。

様々な味を食べ比べして好きな味を見るのも楽しい食べ方です。

りんご飴

子供も喜ぶ屋台の定番グルメと言ったら「りんご飴」

子供のころ食べた懐かしい味を大人になって子供と食べる。
そんな親子で思い出にひたり、楽しい時間を過ごすこともできます。

美味しすぎて食べすぎ注意です!
りんご飴を扱う屋台は多いので、見かけても食べるタイミングを探るのがコツです。

おでん

新宿花園神社の酉の市が開催される11月は
気温もぐっと下がり、体温も奪われますので温かい食べ物が欲しくなります。

そんな時に優秀なのが「おでん」。冬の定番メニューですね。
様々な具を扱う屋台が非常に多いので、何を食べるかで迷ってしまうほど!

海鮮焼きなどこった屋台もありますので、
おでんのお供に一緒に食べてみてはいかがでしょうか。豪華な夕食になります。

焼きカキ

「焼き牡蠣」まで提供する屋台があります。
非常に豪華ですね。新宿花園神社の酉の市は他と違うのがよく分かります。

冬は牡蠣も食べたくなる季節。
温かく焼かれた牡蠣は火も通ってポン酢か醤油で食べると格別の味です。

ネギ焼き

モツが乗った「ネギ焼き」をご存知でしょうか。
新宿花園神社の酉の市屋台では有名なグルメです。

大きなモツがネギ焼きの上に添えられ味も染み込み
冷え切った体を温めてくれる、美味しい食べ物です。

見世物小屋

新宿花園神社の酉の市で毎年現れる屋台「見世物小屋」

開催ごとにラインナップが異なるようで、
今までの見世物小屋を見てみると

・魔術奇術ショー
・うたう!生首
・ヘビを食べる
・ニワトリを食べる
・人間火炎放射器

内容に疑問がわいてしまう一方で何が行われるのか。
興味も沸いてします不思議な出店です。

新宿花園神社の酉の市で出会える珍しい出店ですので、
珍しいもの好き、酉の市を大いに楽しみたい方におすすめです。

酉の市開催期間中のみの出店ですので、また出会えるのは来年になってしまいます。
来年を行うかも不明ですので、気になる方は勇気を出して経験してみてはいかがでしょうか。

新宿花園神社の酉の市 駐車場の場所について

新宿花園神社の酉の市まで車でアクセスする方も多いかと思います。
ここでは新宿花園神社の酉の市で利用したい駐車場の場所をご紹介していきます!

花園神社周辺、新宿駅周辺の駐車場をご紹介していきますので、
駐車場を探している方は、参考にしてみてください。



NPC24H新宿5丁目第2パーキング

【場所】〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18 新宿5-18-20
【料金】300円/20分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】10台

花園神社裏にある駐車場。
周辺に停められるため、停めた後徒歩ですぐにアクセスできます。

しかし、収容台数が10台と少なく満車になる可能性が高いです。
駐車料金も高めですので、他駐車場も候補に入れておいた方がよいかと思います。

新宿マルイメン駐車場

【場所】〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目16-4
【料金】600円/60分
【営業時間】11:00~20:30
【収容台数】42台

新宿マルイメンの駐車場。
24時間営業ではないのがデメリット。

収容台数もそれほど多くはないので満車になる可能性大。
マルイで買い物をしたい方は、適した駐車場かもしれません。

747超高速立体駐車場

【場所】〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目3 歌舞伎町1丁目3-13
【料金】300円/30分
【営業時間】24時間営業
【収容台数】104台

花園神社周辺で収容台数も多いおすすめの駐車場が「747超高速立体駐車場」

駐車料金も他とほぼ変わらない価格帯で、24時間営業ですので、
好きな時間帯に車を入出庫することもできるため、メリットが多い駐車場です。

花園神社や新宿で車を停める場合は、おすすめの駐車場になります。

新宿花園神社の酉の市の混雑や屋台出店の熊手や見世物小屋、駐車場情報 まとめ

新宿花園神社の酉の市の混雑や屋台出店の熊手や見世物小屋、駐車場情報についてご紹介してきました。

新宿花園神社の酉の市は非常に人気の酉の市ですので、
非常に混雑が発生し、今年も混雑が予想されます。

独特なユーモアあふれる屋台も出店されており、見世物小屋は
入る勇気がある方は行ってみてはいかがでしょうか。良い経験ができるかもしれません。

屋台の食べ物、グルメ情報や駐車場の場所についてもご紹介していますので、
新宿花園神社の酉の市へ行く予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。