千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場情報




「千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場情報や会場までの行き方を教えて欲しい!」

北海道千歳市の支笏湖温泉で開催される冬のお祭り「千歳・支笏湖氷濤まつり」

北海道ならではの氷像やイルミネーション、
冬に見れる花火大会など様々なイベントが開催され人気の高いお祭りです。

そんな千歳・支笏湖氷濤まつりへ車で行かれたい方も多いかと思いますが、
駐車場情報や会場までのアクセス方法は事前に知りたい情報かと思います。

このブログでは、千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場の場所を調べている方に、
千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場や路線バス情報と会場への行き方、アクセスについてご紹介していきます!

千歳・支笏湖氷濤まつりへの行き方、アクセス方法を調べている方は、
事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



千歳・支笏湖氷濤まつり 駐車場情報

まず初めに、千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場情報について見ていきたいと思います。

千歳・支笏湖氷濤まつりの開催日程は、
2019年1月25日(金) ~ 2月17日(日)の3週間程度開催されます。

千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場情報を調べてみると、
冬期間のみ無料で駐車場は利用できることが公式サイトで公表されていました。

駐車場の場所などの詳しい情報については
記事後半でご紹介していきますが、

ただ、駐車場は一か所に集中してしまうため、
非常に長い駐車待ち、道路の渋滞が発生します!

駐車待ちで2時間の待ち時間は覚悟した方が良さそうですね。

そして、出かける時間が遅くなり、駐車までに時間がかかれば
見所の花火が見れなくなる可能性もありますので、花火の打ち上げ時間も考慮して出かけられることをお勧めします!

それでは次から千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場の場所をご紹介していきます!
車で千歳・支笏湖氷濤まつりへ行かれる方は参考にしてみてください。



千歳・支笏湖氷濤まつり 駐車場の場所

千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場の場所についてご紹介していきます。

ここでは、千歳・支笏湖氷濤まつりが開催される「支笏湖温泉」近くの
駐車場の場所と支笏湖周辺に完備される駐車場もご紹介していきます。

支笏湖周辺にはいくつかの観光スポットもあり、
駐車場を使い分けることで観光名所をスムーズに周ることが出来ますので、

事前に駐車場の場所をいくつか把握できれば、
効率的に観光スポットも周ることが出来るかと思います。

それでは、駐車場の場所を5か所ご紹介していきます!



支笏湖温泉駐車場

【場所】〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
【料金】無料
【収容台数】483台

千歳・支笏湖氷濤まつりが開催される会場近くの駐車場、
「支笏湖温泉駐車場」

こちらが推奨される駐車場で冬期間中は無料です。
まずはこの駐車場を目指してアクセスされた方が良いかと思います。

非常に広い駐車場で見晴らしも良いため停めやすいですが、
先に情報の通り、駐車待ちで2時間も待ち時間が発生することもあり、

スムーズに停めることは難しいかと思います。
そのため、早めに出かけるか駐車待ちの時間を見越して行動されるのが良いかと思います。

他の駐車場も候補に入れて出かけるようにしてください。

七条大滝入口駐車場

【場所】〒066-0271 北海道苫小牧市丸山
【料金】無料

支笏湖近くにある神秘的な美しさと噂の「七条大滝」
七条大滝入口の駐車場になります。

七条大滝で一度は見ておきたいのが「氷瀑」
見事なまでに出来上がった滝の氷結はなかなか見ることが出来ません。

北海道の大滝だからこそ出来る自然の神秘です。
千歳・支笏湖氷濤まつりへ来られた際には一度は見ておきたいスポットです。

ただ、駐車場の収容力としてはそれほど大きな駐車場ではないため、
あくまで観光目的で利用するのが良いかと思います。

国道453号休憩駐車場

【場所】〒066-0287 北海道千歳市幌美内 国道 453 号線
【料金】無料
【収容台数】約20台

国道453号線沿いにある休憩駐車場。
収容台数がわずかの台数しか停めることができないため、

少しの時間駐車して観光スポットへの行き方を調べたり、
眺めを楽しむ場合に停めるのが良いかと思います。

休暇村支笏湖駐車場

【場所】〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
【料金】無料
【収容台数】80台

ホテル「休暇村支笏湖」の駐車場。
無料で利用できる駐車場を完備。

10年連続水質日本一としても有名な支笏湖を一望でき、
温泉だけでなく、アクティビティ体験やキャンプ場も完備した満足度の高いホテルです。

千歳・支笏湖氷濤まつりでホテルを探している方は、
ぜひ参考にしてみてください。駐車場もあるため駐車待ちを気にする必要もありません。

支笏湖観光センター駐車場

【場所】〒066-0287 北海道千歳市幌美内番外地
【料金】無料
【収容台数】約50台

支笏湖周辺にある「支笏湖観光センター」の駐車場。

繁忙期を迎えると非常に多くの観光客が訪れ、
自慢の千歳バーガーやヒメマスの寿司を食べることが出来ます。

しかし、冬季期間は営業を行っていないため、
行かれる予定だった方はご注意ください。

千歳・支笏湖氷濤まつり 路線バス情報

千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場の場所が分かったところで、
千歳・支笏湖氷濤まつりの路線バス情報をご紹介していきます。

千歳・支笏湖氷濤まつりの開催に合わせて、
臨時の路線バスが運行することが決まっています!(※2018年情報)

運行ルートは、新千歳空港から支笏湖までなので、
車やレンタカーを借りなくても千歳・支笏湖氷濤まつりに参加することが出来ます!

ここでは、臨時路線バスの運行期間や時刻表をご紹介していきますので、
車は運転できないけど、千歳・支笏湖氷濤まつりへは行きたい!

という方は、ぜひ参考にしてみてください。



運行期間

まず路線バスの運行期間についてですが、
運行期間は、2018年1月26日~2月25日まで。

こちら2018年の情報になっており、2019年の情報が分かりましたら
このブログでも更新していきたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。

時刻表

次に路線バスの時刻表についてです。
新千歳空港と支笏湖の発着時刻を載せておきます。(※2018年情報)

新千歳空港(発) 支笏湖(着)
08:40      09:35
11:40      12:35
14:35      15:30
15:10      16:08
16:30      17:28
支笏湖(発)   新千歳空港(着)
09:50      10:42
12:50      13:39
15:45      16:34
17:45      18:34
19:10      19:59

新千歳空港から支笏湖まで、
約1時間程度で到着できる距離のようですね。

ただ、千歳・支笏湖氷濤まつり開催期間中は、
先の駐車場情報でもあるように非常に道路は渋滞し駐車待ちが長くなります。

路線バスでも同様に時間がかかることが予想されるため、
早めのバスに乗車されることをおすすめします!

バスツアー

千歳・支笏湖氷濤まつりでは、
開催にあわせてバスツアーも企画されています。

クラブゲッツやHISなど大手旅行会社からも
多くのツアー企画、パックが発売されていますので、

車を持っていなくて行くことができない、
そんな方はぜひ参考にしてみてください。

バスツアーも札幌発が多く、ライトアップの時間帯に合わせて
バスを走らせるナイトバスツアーも人気です。

千歳・支笏湖氷濤まつり 行き方、アクセス方法

千歳・支笏湖氷濤まつりの路線バス情報も分かったところで、
千歳・支笏湖氷濤まつりまでの行き方、アクセス方法をご紹介していきます。

県外からお越しの方は、新千歳空港から路線バス、
もしくは札幌市内からバスツアーを利用してアクセスされた方が良いかと思います。

県内在住の方であれば車でアクセスして、
支笏湖温泉駐車場を目指すことになるかと思います。

ここでは、県内で車を使ってアクセスされる方に
その行き方とアクセスルートをご紹介したいと思います。



札幌市内から車を使ったアクセス方法

札幌市内から車を使ったアクセス方法になります。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

札幌市内から駐車場まで約1時間程度の道のりになります。
距離にして約50キロ。有料道路ではありませんが、スムーズにアクセス出来れば比較的近い距離になります。

しかし、国道453号線は千歳・支笏湖氷濤まつり開催期間中、
非常に長い渋滞発生が予想され、予想時間より伸びる可能性もあります。

早めに出かけて目的地へ向かうのが良いかと思います。

函館市内から車を使ったアクセス方法

函館市内から車を使ったアクセス方法になります。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

函館市内から駐車場まで約3時間程度の道のりになります。
有料道路を使った場合の距離ですが、少し距離が長いですね。

そして、最初はそれほど渋滞は感じられないかと思いますが、
国道276号線と合流するあたりから徐々に渋滞発生が予想されます。

イルミネーションのライトアップや
花火は夕暮れ以降に行われるイベントですので、

見所には間に合うように出かけたいところですね。

根室市内から車を使ったアクセス方法

根室市内から車を使ったアクセス方法になります。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

根室市内から千歳・支笏湖氷濤まつりへ
遊びに行かれる方もいるかと思いますが、

根室市内から駐車場までは約6時間程度の道のりになります。
非常に長い道のりで飛行機も考えた方が良いかもしれません。

車で行かれる場合は、疲労が蓄積しますので、
こまめに休憩を挟むようにしてください。

稚内市内から車を使ったアクセス方法

稚内市内から車を使ったアクセス方法になります。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

行き方は、日本海に面した「オロロンライン国道232号線」を
走行してしばらく南へと走行します。

そして、「深川JCT」で「道央自動車道」に入り南西へと進みます。
札幌市内が近づいてくれば「札幌JCT」で南へ走行します。

しばらく南へ進むと「千歳IC」で道央自動車道を降りて、
西へ走行すれば目的地の支笏湖温泉が見えてきます。

乗車時間は約6時間、距離にして約386㎞の道のりになります。
北海道最北端からの行き方になりますので、途中休憩は欠かさず取るようにしましょう。

えりも町から車を使ったアクセス方法

えりも町から車を使ったアクセス方法になります。
アクセスルートは以下地図をご覧ください。

行き方は、まず国道235号線に乗って北西へと走行します。
途中「日高厚賀IC」で「日高自動車道」に入りさらに北西へ進みます。

国道235号線から「国道36号線」に入る道路へ左折し、
南西へ進むとしばらくして「住吉町2交差点」で北へ向きを変えます。

しばらく走行すると七条大滝が見えてきますので、
すぐ左には目的地の支笏湖温泉が見えてきます。

乗車時間は約3時間30分、距離にして約186㎞の道のりになります。
自動車道を通りますが無料区間になりますので格安旅行で行けます。

まとめ

千歳・支笏湖氷濤まつりの駐車場や路線バス情報と会場への行き方、アクセスについてまとめてきました。

千歳・支笏湖氷濤まつりへ車で行かれる際は、
会場近くの「支笏湖温泉駐車場」へ向かうようにしましょう。

ただ、非常に人気のお祭りですので、駐車場は
駐車待ちで2時間程度待ち時間が発生する場合もあります。

そのため、駐車場待ちで困らないために早めに出かけることをおすすめします。

また、県外からお越しの方は、臨時の路線バスも
新千歳空港から支笏湖まで発着する便が出てますのでそちらをご利用ください。

千歳・支笏湖氷濤まつりへのアクセス方法、行き方を探している方は、
事前情報として、ぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。