水戸の梅まつり2019の見頃時期と開花状況!混雑、屋台出店情報




「水戸の梅まつりの見頃時期や開花状況を教えて欲しい!」

茨城県水戸市の偕楽園で開催される「水戸の梅まつり」

120年以上の歴史を有し、多くの来場者、
観光客が訪れる有名なの日本庭園であり人気の梅まつりになります。

水戸の梅まつりへ遊びに行きたい方は、
見頃時期がいつからいつまでで開花状況も知りたい情報かと思います。

このブログでは、水戸の梅まつりの見頃が気になる方に、
水戸の梅まつり2019の見頃時期と開花状況、イベント情報についてまとめていきます!

水戸の梅まつりの混雑や屋台出店情報についてもご紹介していきますので、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



水戸の梅まつり 開催情報

まず初めに水戸の梅まつりの開催情報についてご紹介していきます。

水戸の梅まつりは、今年2019年で123回目を迎える非常に歴史の長い梅まつりです。
これほどまで長く続けられるのも人気であり有名な証拠。

梅まつり開催期間中には、見頃を迎えた梅の鑑賞以外にも
様々な来場者を楽しませるイベント、企画も多数開催され、

大人だけでなく、子供も楽しめる見どころが満載なお祭りです。
様々な工夫によって長い歴史を有する人気の水戸の梅まつりですが、

ここでは、水戸の梅まつりの開催期間や会場までのアクセス方法などご紹介していきます!



開催期間はいつからいつまで?

まず水戸の梅まつりの開催期間と時間についてです。

水戸の梅まつりの開催期間は、
2019年2月16日(土)~3月31日(日)まで1か月以上開催されます!

他梅まつりでは約1か月の開催期間に比べても長い開催であることが分かります。
見頃の梅が長期間鑑賞することができてかつ桜の季節とも重なり両方楽しめます。

この開催期間中には梅の鑑賞以外にも
水戸ならではのイベントや他の梅まつりでは見られない珍しい企画も開催されます。

水戸の梅まつりの見どころについては
記事後半でまとめていきますので参考にしてみてください。



開催場所とアクセス方法

次に水戸の梅まつりの開催場所と駐車場情報についてです。

水戸の梅まつりの開催場所は、
「偕楽園」「弘道館」の2か所で開催されます。

偕楽園、弘道館の場所は以下地図からも確認することができます。

■偕楽園

【住所】〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1-3-3
【開催時間】6:00~19:00
【入園料】無料

■弘道館

【住所】〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-6-29
【開催時間】9:00~17:00
【入園料】大人200円

開催場所までの行き方は、
両方とも最寄り駅が「水戸駅」もしくは「偕楽園駅」

駅から徒歩10分以内の場所にありますので、
電車など公共交通機関を利用してアクセスするのが便利です。

仮に東京駅から水戸の梅まつり会場までアクセスした場合、
常磐線を使って乗り換えなしで最寄り駅までアクセスすることができて

乗車時間も約1時間半程度で行くことができる交通の便にも優れています。
梅が見頃を迎えれば駅降りてすぐにも梅の香りが感じられることでしょう。

ただ、車で行きたい!という方も多いかと思いますので、
開催場所周辺の駐車場はあるのか?駐車場の場所についてもご紹介していきます。

駐車場の場所

水戸の梅まつりで利用したい駐車場の場所についてです。

開催場所となる偕楽園、弘道館や
最寄り駅周辺には多くの駐車場が完備され満車になる可能性も低いかと思います。

特に偕楽園周辺には多くの駐車場が密集しており、
梅まつり期間外であれば無料の駐車場も準備されています。

その中でおすすめの駐車場をご紹介いたします。
車で会場まで行かれる方は参考にしてみてください。

■偕楽園・桜山第一駐車場

【場所】〒310-0912 茨城県水戸市見川1
【収容台数】270台

入園料

水戸の梅まつりの入園料についてです。

偕楽園 無料
好文亭 大人200円、小中学生100円、満70歳以上100円
弘道館 大人200円、小中学生100円、満70歳以上100円

その他、イベントに参加したり、屋台で飲食を楽しむ場合
駐車場利用時にも料金が発生しますのでご注意ください。

水戸の梅まつり 見頃はいつからいつまで?

水戸の梅まつりの開催情報は分かりましたが
梅の見頃はいつからいつまでになるのでしょうか?

気になる水戸の梅まつりの見頃時期について調べていきます。

水戸の梅まつりが開催される偕楽園では、
例年3月上旬から下旬までが見頃にあたり昨年の偕楽園を見てみると、

3月上旬でも見頃の一歩手前といった開花状況でした。
今年2019年も2月は寒い日が多く気温も寒暖差が激しい日が続きました

気温が低く寒い日が続けば、梅の開花も遅れ、
結果見頃の時期も後にずれ込んでしまいます。

今年2019年も昨年同様もしくはより遅くなるのではないかと思われます。

ただ、水戸の梅まつりの開催期間は
3月末まで行われるため、梅の見頃を迎えた時期に十分間に合います。

他梅まつりが終了する中、水戸の梅まつりは
まだ行っている!見頃の梅が見れる!と喜ばれる方も多いほど、

長い期間、梅が見れるのも特徴の一つですので、
水戸の梅まつりの見頃時期は随時情報を更新していきます。



水戸の梅まつり 現在の開花状況

水戸の梅まつりの見頃時期が分かったところで、
次に水戸の梅まつりの現在の開花状況についても調べていきます。

水戸の梅まつりの園内には約100品種3,000本もの
梅が植えられ、春の訪れとともに園内全体に咲き誇ります。

2019年2月7日現在の梅の開花状況を調べてみると、
偕楽園の梅は269本開花しているようです(開花率 約10.17%)

2月上旬時点で開花率10%程度ですので見頃もまだ後になります。
しかし、開花した本数で見ても約300本近くが開花し、

他梅まつり会場の梅林に比べたらその本数の多さに驚かされます。
全て開花して梅園が見頃を迎える時期は非常に可憐に、魅力的な風景が広がることでしょう。

水戸の梅まつりの開花状況についても随時情報を更新していきます。
見頃時期、開花状況についても気になる方はぜひチェックしてみてください!



水戸の梅まつり 見どころ

水戸の梅まつりの見どころについてまとめていきます。

水戸の梅まつりでは、見頃の梅鑑賞以外にも
子供が楽しめるイベントから多彩な企画が組まれています。

開催期間も1か月以上と長い期間開催されますので、
ご都合よい時に素晴らしい梅の鑑賞とイベントに参加されてみてはいかがでしょうか。

それでは、水戸の梅まつりの見どころについて
厳選していくつかご紹介していきますので参考にしてみてください!

見どころ1 水戸納豆早食い世界大会

茨城県水戸市と言えば水戸納豆!
水戸の名産品を使ったイベントも開催されます!その名も水戸納豆早食い世界大会

「世界大会」という名称が付いているので外人も参加されるのでしょうか?
梅鑑賞ではなくイベントに参加したい!納豆が好き!特に水戸納豆が!

そんな方におすすめのイベントになるかと思います。
毎年多くの挑戦者、観光客も訪れる白熱した大会を見ることができます。

水戸の梅まつりへお越しの際はぜひ水戸納豆早食い世界大会も見てみてはいかがでしょうか。

開催時期:2019年3月16日(土)
開催時間:10:00~13:00
開催場所:偕楽園 吐玉泉下広場

見どころ2 ライトアップ

桜の夜桜ライトアップはよく見かけるイベントですが、
梅のライトアップは珍しい!

昼間に見せる梅の顔だけでなく、夜に見る梅も
漆黒の闇に映える梅花や竹が浮かび上がりとても幻想的な空間が広がります。

ぜひカップルでデートにも最適なイベントです。
足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催期間:2019年2月23日(土)~3月21日(木・祝)
開催時間:日没から21時まで実施予定です。
開催場所:園内各所

見どころ3 夜梅キャンドルアート

園内各所でライトアップが点灯される中、
夜梅キャンドルアートや照明を用いた空間も演出されます。

ここでしか見れない梅園のキャンドルアート。
とても幻想的で手間暇かけたからこそ表現できる素晴らしさがあります。

そして、水戸の梅まつり最大のフィナーレには花火も打ちあがります!
ライトアップされた梅、キャンドルアート、そして花火と

どれも他では体験できないここだけの素敵なイベントです。
ぜひ、家族で、カップルで足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催期間:2019年3月2日(土)/3月9日(土)
開催時間:18:00~21:00
開催場所:弘道館/偕楽園

水戸の梅まつり 混雑状況

水戸の梅まつりの見頃時期や見どころも分かったところで、
これから水戸の梅まつりへ遊びに行きたい方は混雑状況も気になる情報かと思います。

ここでは水戸の梅まつりの混雑状況についてご紹介していきます。

約3,000本もの梅が植えられた園内。
梅の鑑賞はもちろんイベントも開催され幅広い世代に親しまれる人気の梅まつり。

そのため、混雑必須のお祭りとしても有名です。
特に、梅の見頃を迎える3月上旬から徐々に人混みは増えていきます。

混雑ピークは、3月の土日祝。天気が良ければなお混雑はひどくなります。
一方で見頃を迎えても平日は若干混雑は緩和されます。

水戸の梅まつりへ遊びに行きたいけど混雑が苦手、
そのような方は平日に行かれるのがおすすめです。

さらに、平日でも朝早い時間に到着できるように出かけるとなお良いです。
昼前後から来園者は増え始めますので午前中であれば混雑ピークから回避することができます。



水戸の梅まつり 屋台出店情報

水戸の梅まつりの梅鑑賞やイベントも気になるけど
屋台出店も欠かせないイベント!と答える方も多いことと思います。

水戸の梅まつりの屋台出店情報についてまとめていきます。

来園者数の多い人気の梅まつりだからこそ、
屋台の出店数も多くお店が軒を連ねます。

ここでは、そんな水戸の梅まつりの屋台で食べられるおすすめグルメ、
一度は食べたい食べ物についていくつかご紹介していきます!

見頃を迎えた梅を鑑賞しながら屋台のグルメも食べたい!
そんな方はぜひ参考にしてみてください。

水戸の梅まつりの屋台飯
ジャンボ串焼き
・フランクフルト
・大判焼き(水戸納豆、コーンツナマヨ)
・おやき
・お好み焼き
・たこ焼き
・鮎の塩焼き
・豚玉焼き
・ケバブ
・焼き鳥
・玉子焼き

鮎の塩焼きは絶品!一度は食べておきたい屋台グルメです。
そして、見つけたのが水戸ならではの屋台飯

それが大判焼きの水戸納豆!
ぜひチャレンジしてみてください!

定番の屋台飯から水戸ならではのグルメと掛け合わせた出店も多く、
とても楽しい時間を過ごすことができます。

梅の鑑賞で少し小腹が空いた、ランチをしたい!
そんな方にもどれを食べようか迷うほどの屋台が出店していますので、

イベントを楽しみつつ屋台で食事を取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

水戸の梅まつり2019の見頃時期と開花状況、イベント情報についてご紹介してきました。

偕楽園、弘道館は約100品種3,000本もの梅が植えられ、
見頃を迎えるととても可憐な梅の競演を見ることができます。

水戸の梅まつりの見頃時期は3月上旬からになりますが、
気温の影響で後にずれ込むことも予想されます。

見頃を迎えた後は非常に多くの来場者が訪れ、
特に3月の土日祝は混雑ピークに当たりますのでご注意ください。

また、茨城の人気梅まつりの見頃や開花状況を
知りたい方は以下ブログ記事で情報をまとめていますので参考にしてみてください。

⇒ 筑波山梅まつり2019の見頃はいつからいつまで?開花とライトアップ

⇒ 偕楽園梅まつり2019の見頃時期と開花情報!お土産、ライトアップ

梅の開花状況も随時情報を更新していきますので、
水戸の梅まつりへ遊びに行かれる方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。